2018/02/17

ヤマトカナエグモ(蜘蛛)の卵嚢?? クサカゲロウの卵?



2016年6月上旬

峠道の道端に繁茂する雑草の葉先に奇妙な物体を見つけました。
虫の卵や繭だと思うのですが、今まで見たことがありません。
褐色で球に近い紡錘形の構造体が一つ、葉先から長い糸のような柄で吊るされています。

この細くて長い柄は、アリなどに捕食されないようにするための工夫なのでしょう。

(1)ウドンゲの花?
私がまず思いついたのは、「優曇華の花」と呼ばれるクサカゲロウの仲間の卵です。
孵化した幼虫が捕食するアブラムシの近くに卵を生むはずです。
確かにこの植物の茎には、黒いアブラムシ(種名不詳)のコロニーが形成されていました。
ムネアカオオアリCamponotus obscuripes)のワーカー♀が随伴しています。
しかし、もしウドンゲの花ならば、もっと白っぽくて複数の卵が産み付けられるのでは?
クサカゲロウの仲間は幼虫からしか飼育したことがなくて、卵の実物は未見です。




(2)ヤマトカナエグモChorizopes nipponicus)の卵嚢
新海栄一、緒方 清人『クモ (田んぼの生きものたち)』という本をたまたま読んでいたら、「メスグモが守らないクモの卵のう」の一例としてp39に掲載された写真が似ているような気がしました。

針葉樹の葉の先に吊られたヤマトカナエグモの卵のう


私の知らないクモなので、いつもお世話になっている『クモ生理生態事典 2016』を参照すると、卵嚢に関して次のように記されていました。

・10cmほどの糸でスギの枝からつりさげられた茶褐色の卵のうがよく目につく
・ 7月に卵のうを作る〔山川・熊田73〕. 8月頃,山地の樹枝に10cm位の糸で吊り下げられた褐色の卵のう(長径5mm,短径3mm)を見掛ける〔中平AT23/24〕.
・ 三重県上野市にて1962年9月16日に採取した卵のうからヒメバチ科の一種 Phobetes sp. が2個体羽化, 他にタマゴバチの一種20個体羽化




YouTubeでは、nekonomesouさんが「ヤマトカナエグモの卵のう」と題した動画を公開なさっていました。
常緑広葉樹の葉先から2個の卵嚢が揺れていました。

インターネット検索すると、かぜくささんのホームページ「私の回り道」内で「ヤマトカナエグモの卵嚢」の生態写真が多数掲載されていました。
クモの卵嚢写真の見事なコレクションですね。

ここまで予習した上で、私のケースを検討してみましょう。

問題となるのは、6月上旬の北国(東北地方)でクモの新しい卵嚢が見られるはずがないのでは?という疑問です。
常緑樹の葉先なら前年の古い卵嚢が残っている可能性もありますが、この道端の雑草は雪が溶け春になってから生えてきたものです。
現場は山地の林縁です。
ヤマトカナエグモ♀が樹木ではなく下草の葉先に卵嚢を作ることもあるのかな?


(3)昆虫の繭?
『繭ハンドブック』を一通り眺めても、これと似た繭は載っていませんでした。



採集・飼育して正体を明らかにするべきだったと強く後悔しています。
少なくとも、しっかり採寸すべきでしたね。
後日に現場を再訪すると、道端の雑草が根元からきれいさっぱり草刈りされていて大ショック!(唖然、無念)
謎の卵?も一緒に失われてしまいました。
気になる雑草の名前も、花が咲く前だったので、分からずじまいでした。(イネ科ではない)

何かご存知の方はぜひ教えてください。



鳴き止んだ♪アブラゼミ♂が電柱から飛び立つ【HD動画&ハイスピード動画】



2017年8月下旬

市街地の歩道を歩いていたら近くの電柱からアブラゼミ♂(Graptopsaltria nigrofuscata)が飛んで逃げ、交差点を渡って反対側の電柱に止まり直しました。
(映像はここから)

その場でジー♪と鳴き始めたので、♂と判明。
ところがジリジリジリ…♪と尻すぼみに鳴き止んでしまいました。

今にも飛び立ちそうだと思ったので、240-fpsのハイスピード動画に切り替えてみました。(@0:30〜)
最後は更に1/4倍速のスローモーションでリプレイ。
案の定、しばらくすると斜め上方に飛び立ちました。
前後の羽根(前翅と後翅)をフックで一体化させて羽ばたいていることが分かります。
ハイスピード動画の仕様により音声は録音されていませんが、鳴き止んでいたアブラゼミ♂は最後に一声ジッ♪と発して飛び去りました。
セミのおしっこをハイスピード動画で撮るのが長年の課題なのですけど、今回も飛び立つ瞬間に排尿していませんでした。
電柱からは樹液を吸汁できませんから当然ですね。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/16

飛べ!ブチヒゲカメムシ【HD動画&ハイスピード動画】



2017年8月下旬

用水路沿いに咲いたナガボノシロワレモコウの群落でブチヒゲカメムシDolycoris baccarum)が訪花していました
風で揺れる花穂の天辺で、吸汁するでもなくモジモジしている個体が気になりました。
今にも飛び立ちそうなので私も粘り、後半は240-fpsのハイスピード動画に切り替えてみました。(@3:30〜)
半翅目の羽ばたきも格好いいですね。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/15

ミズキの花に来たクロハナムグリとコアオハナムグリ赤銅型



2016年5月中旬

沢筋に生えたミズキの高木でクロハナムグリGlycyphana fulvistemma)と赤銅型のコアオハナムグリGametis jucunda)が訪花していました。
コアオハナムグリは通常の緑色型の個体も後半に写っています。

▼関連記事 (緑色型)
ミズキの花で食事をするコアオハナムグリ
今回の記事の主役はレアな赤銅型です。
白い花に潜り込んで花蜜や花粉を食べています。

頻繁に風が吹いて枝が激しく揺れるので、撮影に苦労しました。


コアオハナムグリ赤銅型@ミズキ訪花摂食
クロハナムグリ@ミズキ訪花摂食。上に通常型(緑色)のコアオハナムグリもいる。

ユリズイセンの花で盗蜜するキンケハラナガツチバチ♂



2017年8月下旬

平地の花壇に咲いたユリズイセン(アルストロメリア)の群落でキンケハラナガツチバチ♂(Megacampsomeris prismatica)が訪花していました。
吸蜜シーンをよく見ると、開いた花の入り口から素直に潜り込む(正当訪花)だけでなく、花筒を形成する花弁の隙間をかき分けて(穿孔して?)根元の蜜腺を直接舐めることもありました。

これは「花弁(花びら)や蕚(がく・花被片)の間から蜜を吸い取る。」タイプの盗蜜行動です。
同一個体が正当訪花と盗蜜行動を臨機応変に?切り替えた証拠映像が撮れました。
どちらが楽に吸蜜できるか、試行錯誤で学習するのですかね?
ただし正当訪花よりも盗蜜する方が多くて雄しべに触れる機会が少ないため、ユリズイセンの受粉にはあまり関与していないようです。

ユリズイセンの花から盗蜜する狩蜂を新たに見つけることができて、非常に興奮しました!
(これまでのリストは、フタモンアシナガバチ♀エントツドロバチ♀オオフタオビドロバチ。)
こうして見ると、どうやら盗蜜はハチ類にかなり普遍的な行動のようです。

この花壇でユリズイセンの送粉者としては、トラマルハナバチ♀がせっせと正当訪花で採餌していました。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

キンケハラナガツチバチ♂@ユリズイセン訪花盗蜜
キンケハラナガツチバチ♂@ユリズイセン訪花盗蜜
キンケハラナガツチバチ♂@ユリズイセン正当訪花+吸蜜

ちなみに、隣に咲いた花でクロヤマアリFormica japonica)のワーカー♀も同様に盗蜜していました。(@2:35〜2:50)
アリは「花よりも相対的に小さな体であるため、葯や柱頭に触れないで花の奥にもぐりこみ、蜜を取る」タイプの盗蜜者でもあります。


キンケハラナガツチバチ♂+クロヤマアリ♀@ユリズイセン訪花盗蜜

2018/02/14

交尾を迫るスズバチ♂を背負ったまま飛び回る♀【HD動画&ハイスピード動画】



2017年8月下旬・午後15:19〜15:23

農業用水路沿いに咲いたナガボノシロワレモコウの群落でスズバチ♀(Oreumenes decoratus)が訪花していました。
吸蜜シーンを撮っていると、雄蜂♂が飛来していきなり飛びついてきました。
儀式的な求愛行動は特に見られませんでした。
♂が♀に飛びつく瞬間を撮り損ねたのは残念無念。

♂がマウントしている間も♀は構わずに♂を背負ったまま花から花へ飛び回り吸蜜を続けています。(色気より食い気)
一方♂は♀の背に必死でしがみついているだけで、交尾器は未だ結合できていません。
したがって、トンボの配偶行動のように尾繋がりとか連結飛翔とは呼べませんね。
正式な用語を知らないので、ここでは勝手に「マウント飛翔」と呼ぶことにします。

スズバチ♂は♀を見つけてマウントしただけで安心してしているようで、おとなしくしているのが不思議でした。
必死に交尾しようと試みておらず、余裕を感じさせます。
とりあえず♀を確保してライバル♂から守ることができれば(交尾前ガード)満足なのかな?
この♀が交尾拒否行動をしているようには見えませんが、このペアは体格差があり過ぎて、マウントしたままでは交尾器が届かないのかもしれません。

花からペアで飛び立つ瞬間を狙って、240-fpsのハイスピード動画でも撮影してみました。(@1:40〜)
♀♂がほぼ同時に羽ばたいて離陸しているように見えますが、1/8倍速のスローモーションで見ると、羽ばたき始めるのは♀の方がほんの一瞬だけ早いことが分かりました。
加速がつくと♂はすぐに羽ばたきを止めてしまい、♀任せで次の花まで運ばれて行きます。
つまり、マウント飛翔の主導権は完全に♀が握っていました。
画角から見切れる寸前にも♂が再び羽ばたくことがあったので、失速して揚力が必要な着陸時も♀に協力するのかもしれません。
スズバチの♀はこれから巣材の泥玉を運んだり獲物の芋虫を巣に運んだりしないといけませんから、華奢な♂を背負って飛ぶぐらいは朝飯前なのでしょう。

最後スズバチ♀♂のペアは川を渡って田んぼ(休耕地?)の方へ飛び去りました。
どこか落ち着いた場所で交尾するのでしょう。

狩蜂の交尾開始を観察できたのは、これが初めてかもしれません。
とても幸運でした。

スズバチの雌雄をフィールドで同時に見れるのは交尾のときだけなので、この機会に性別の見分け方を検討しておきます。
体長は♀>♂で、雄蜂の方が華奢。
頭楯の色は、♀が濃い黄色(オレンジ色)で♂は白っぽい淡黄色。
顔色で見分けられたら一番楽なのですが、もしかすると羽化後の日齢で色が変わる(濃くなる)のではないか?と個人的には疑っているので、未だ保留にしておきます。(♀よりも♂が先に羽化する雄性先熟だとすれば私の杞憂?)
♂の触角は先端がやや屈曲している?ようにも見えますが、単独で居たときにこれだけで見分けられる自信はありません。
腹部(膨腹部)の体節を数えれば確実に見分けられそうです。(♂6節、♀5節で、♂の方が1節多い)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



▼関連記事 (いきなり飛びかかる瞬間が撮れています)
スズバチの交尾拒否


スズバチの交尾(腹部の体節が♂は1つ多い)
スズバチの交尾(頭楯の色が♂は薄い)

2018/02/13

センニチコウの花蜜を吸うイチモンジセセリ



2017年8月下旬

平地の花壇に咲いたセンニチコウ(千日紅)イチモンジセセリParnara guttata)が訪花していました。
赤紫色のボール状の花で口吻を伸ばして吸蜜しています。

この花壇ではイチモンジセセリの複数個体が縄張り争いのような小競り合い(求愛行動かも?)を頻繁に繰り広げていたのですが、それは動きが早すぎて動画に撮れませんでした。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/12

雨上がりの虹



2017年8月下旬・午後17:15

夏の夕立が降った後、きれいな虹が出ました。
夕方の西日を背にして東の空に大きな弧を描いています。
久しぶりに見た虹はとても大きく見えたのですが、虹の弧の大きさはどれも同じなんでしたっけ?(うろ覚え)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



キンケハラナガツチバチ♀が交尾拒否する解発刺激とは?



2017年8月下旬

スペアミントの花蜜を吸うキンケハラナガツチバチ♀



民家の庭に咲いたスペアミントの群落でキンケハラナガツチバチ♀(Megacampsomeris prismatica)が訪花していました。
吸蜜している白い花穂で黄緑色の徘徊性クモ(ハナグモの仲間?)が待ち伏せしていたのですが、ツチバチは獲物として巨大過ぎる(手強い)ようで、クモは逃げ出しました。

ラストシーンでとても興味深い行動が偶然に録画されていました。
横の車道を一台のスクーターがブィーンと騒々しく通り過ぎる瞬間に、このキンケハラナガツチバチ♀が後脚を左右同時に高々と挙げたのです。(@2:13〜2:17)
この万歳姿勢は、以前に観察した交尾拒否行動と同じです。

♂に背後からマウントされないようにしているのでしょう。
▼関連記事
キンケハラナガツチバチ♀が吸蜜中に交尾拒否
スクーターのエンジン音(排気音)が交尾を挑んでくる雄蜂♂の羽音の周波数とたまたま似ていたので、面倒な♂が飛来したと誤認して交尾拒否姿勢が解発されてしまったのでしょう。
バイクが遠くから走って来て通り過ぎるとエンジン音がドップラー効果によって音程がやや低くなり、より迫真の解発刺激(リリーサー)になったと思われます。
それまでにも何台かの車やバイクが横の車道を通り過ぎたのですけど、この♀個体が最も明瞭に反応したのは最後のバイクに対してでした。
予め録音しておいた雄蜂♂の羽音やバイクの排気音を♀に聞かせて、再現性を確かめてみたら面白そうです。(プレイバック実験)

特にベスパ(Vespa:イタリア語でスズメバチの意味)という名前のイタリア製スクーターのエンジン音に対する反応を調べたら、ネタになりそうです。
ドローン(drone:英語で雄蜂の意味)のプロペラ音を♀の蜂に聞かせてみたら、どんな反応になるでしょう?
その一方で、雄蜂にこの音を聞かせても無反応と予想されますが、ライバル♂や天敵が飛来したと思って警戒したり迎撃を試みたりするのでしょうか?
その前に、音がどのぐらい似ているのか、声紋解析してみる必要がありますね。

ツチバチの♀は羽化後に一度交尾すると、その後は♂を拒むようになるのかな? (色気より食い気)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


キンケハラナガツチバチ♀@スペアミント訪花吸蜜
キンケハラナガツチバチ♀@交尾拒否@スクーター音♪

2018/02/11

ハルジオンの花蜜を吸うベニシジミ夏型



2016年11月上旬

堤防に咲いたハルジオンの群落で夏型のベニシジミLycaena phlaeas daimio)が訪花していました。
晩秋の日差しを浴びて、翅を半開きにしたまま吸蜜しています。

風揺れに悩まされた撮影になりました。



オオマルハナバチ♀とクロマルハナバチ♀が同じハスの花で採餌



2017年7月下旬・午前6:16〜6:21

平地の蓮池で早朝に咲いたハス(蓮)オオマルハナバチBombus hypocrita)およびクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。

この近縁2種は標高によって棲み分けているはずなのに、同所的に採餌しているのは珍しいかもしれません。
丁度この辺りが棲み分けの境界なのかな?
蓮池の裏手はちょっとした小山になっているので、植生としては山地に近いようです。(小山の標高差は大したことありません。)
この蓮池でオオマルハナバチとクロマルハナバチの2種それぞれを別個に撮ったことはあるのですが、ワンショットで撮れたのは初めてです。(同所性の証拠映像)

ある一つのハスの花に注目していると、先客の
クロマルハナバチ♀の後脚の花粉籠は空荷でした。
一方、すぐ後から登場したオオマルハナバチ♀は後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けていました。
同じ蜜源植物で競合するはずなのに、同一の花に乱入しても特に激しい喧嘩や縄張り争いは勃発しませんでした。
おまけにセイヨウミツバチ♀も同時に訪花していました。
ハナバチにとって蓮の花は巨大で数も多いので餌資源が豊富にあり、わざわざライバルと争う必要がないのでしょう。(金持ち喧嘩せず)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。




▼関連記事
クロマルハナバチ♀とオオマルハナバチ♀が同じラムズイヤーの花壇で採餌


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts