2018/02/10

山椒の枝で見つけたウスタビガ♂(蛾)の空繭の謎



2016年5月中旬

里山の細い山道を歩いていると、サンショウ(山椒)の枝先にウスタビガRhodinia fugax fugax)の空繭がぶら下がっているのを見つけました。
空繭の表面に卵が付着していないので、昨秋にこの繭から羽化した成虫は♂だと考えられます。
紡いだ繭を枝にしっかり固定するために絹糸でぐるぐる巻きにしてありますから、雑木林の上にある別の枝から落ちた空繭がひっかかっているのではありません。

空繭が潰れているのは、おそらく冬の深い根雪に埋もれていたからでしょう。

ウスタビガの幼虫は広食性ですがサンショウの葉を食べるはずがないので、意外な組み合わせだと思って記録しました。

つまり、こんな所に繭が作られているのは、ちょっと場違いなのです。(違和感を覚えます)
いつもお世話になっている「みんなで作る日本産蛾類図鑑」サイトによると、ウスタビガ幼虫は広食性らしく、食餌植物が次のように列挙されています。

ブナ科コナラ属:クヌギ、コナラ、カシワ、バラ科:サクラ、カエデ科:ケヤキ、カエデ科、カバノキ科、ブナ科、ニレ科、バラ科
発見現場の周囲は鬱蒼とした雑木林ですから、幼虫は無理して口に合わない山椒の葉を食べなくても食餌植物には事欠かないはずです。
ウスタビガの終齢幼虫が営繭する直前に本来の食餌植物から降りて(落ちて?)徘徊し、たまたまこのサンショウの灌木を選んだだけ、と考えるのが自然でしょう。
もしかすると、寄生者などの天敵を避けるために、食餌植物から離れたところへ積極的に移動してから繭を紡ぐ習性が進化しつつあるのかな?

地上からの高さは92cm。
(ただし、営繭後にサンショウの灌木が少し育った可能性もあります。)
もしもウスタビガの幼虫がアゲハチョウの仲間みたいにミカン科の山椒の葉を本当に食べて育つとしたら、それはそれで食草転換の一例として大発見になるでしょう。



▼関連記事 (真冬の雑木林の枝先で発見) 
ウスタビガの空繭(蛾)


ナガボノシロワレモコウの花で採餌するセイヨウミツバチ♀



2017年8月下旬

農業用水路沿いに咲いたナガボノシロワレモコウの群落でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が訪花していました。
回転集粉のように花穂上でグルグル歩き回りながら、口吻をあちこちに突き刺して吸蜜しています。
後脚の花粉籠に褐色の花粉団子を付けている個体と、空荷の個体がいました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。
流水を背景にすると、手ブレ補正処理のおかしな副作用が出てしまいますね。



2018/02/09

メマツヨイグサの粘る花粉を舐めるホソヒラタアブ♂



2016年10月下旬

峠道の道端に咲いたメマツヨイグサホソヒラタアブEpisyrphus balteatus)またはその仲間が訪花していました。
左右の複眼が頭頂部で接しているので♂ですね。
花蜜目当てに花の奥へ潜り込むのではなく、夢中で花粉を舐めていました。
食事中は翅を半開きにしています。

初め引きの絵で背面から撮っていた時は、前脚を擦り合わせる身繕いのように見えたのですが、横から撮り直すと、葯から花粉を前脚で掻き取りながら口吻を伸縮させて食べていました。

マクロレンズで接写してみると、花粉が粘り糸を引いていることがよく分かります。
まるで糸を引く納豆を食べているみたいですね。
マツヨイグサの仲間の花粉は、夜行性のスズメガなど鱗粉の多い送粉者の体に付着して運んでもらうために、粘着性が高いのが特徴です。
皆さんも指で葯に触れると簡単に確かめられます。

▼関連記事
メマツヨイグサの花粉は糸を引いて粘る

気温が低いせいか、私が近づいてもホソヒラタアブ♂はしばらく逃げずにいてくれたのは助かりました。
同定のため採集しようか迷っていたら、飛んで逃げられました。
この花の花粉を全て食べ尽くす前に満腹になったのでしょう。

道端のメマツヨイグサ群落から伸びた茎が一旦側溝(水は流れていない)に落ち込み、底からまた上に伸びた株に咲いたド根性の花でした。



ユリズイセンの花で盗蜜するオオフタオビドロバチ



2017年8月下旬

平地の花壇に咲いたユリズイセン(アルストロメリア)の群落でオオフタオビドロバチAnterhynchium flavomarginatum)が訪花していました。
吸蜜シーンをよく観察すると、正当訪花せずに花筒の根元の隙間から頭を突っ込んで蜜腺を直接舐めています。
雄しべに体が全く触れませんから、ユリズイセンの受粉を媒介しません。
これは盗蜜行動の一種ですね。
「花弁(花びら)や蕚(がく・花被片)の間から蜜を吸い取る。」タイプの盗蜜です。


茎を登り降りしているのは、獲物のイモムシを探索しているのかな?
(オオフタオビドロバチの性別の見分け方を知りません。)
後半は、葉に止まって身繕いを始めました。
実は、正当訪花っぽいシーンも稀にあったのですが、撮り損ねてしまいました。


ユリズイセンを園芸植物としてヒトが品種改良する間に、花筒が隙間だらけになってしまった、言わばセキュリティがユルユル、ガバガバになってしまったのではないかと思います。
ユリズイセンの原種にはこんな隙間は無かったのではないかと私は予想しています。
しかし、もしユリズイセンが主に球根で増えるのだとしたら、盗蜜されても大した損失は無くて、隙間の無い花筒を進化させて送粉者を限定する(花と虫の共進化)必要があまりないのかもしれません。

あるいは、ユリズイセンの花の形状と長い雄しべ、雌しべから考えると、想定している送粉者はハナバチではなく、大型のアゲハチョウの仲間なのかもしれません。
▼関連記事 
ユリズイセンの花蜜を吸うキアゲハ



※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ユリズイセンの花から盗蜜する狩蜂を新たに見つけることができて、とても興奮しました!
(今までのリストは、フタモンアシナガバチ♀エントツドロバチ♀。)
この日は更にもう一種類の狩蜂が盗蜜していました。(映像公開予定



2018/02/08

キタキチョウの交尾拒否?(誤認求愛?)



2016年9月下旬

休耕田の草むらでシロチョウ科の2頭が低空で飛び回り追いかけっこをしていました(追尾飛翔、求愛飛翔)。
求愛を繰り返している黄色い翅の個体は、キタキチョウ♂(Eurema mandarina)のようです。

一方、白い翅の個体がどうしてもしっかり同定できませんでした。
(どなたか映像で見分けられる達人がいらっしゃいましたら、ぜひとも教えてください。)
スロー再生で何度も見直してみたのですが、終始ピントがしっかり合わず、もどかしい限りです。
白い蝶は飛んで逃げ回るのを止めて草むらに降り立ち、アメリカセンダングサの花蜜を吸い始めました。
キタキチョウ♀の翅は♂よりも黄色が薄いらしいのですが、こんなに真っ白に見えるものなのでしょうか?
(翅を斜めから見ているので光の加減で白っぽく写っているだけ?)
その背後でキタキチョウ♂がホバリングのように羽ばたいて求愛しても、白い蝶は閉じた翅を素早く少しだけ開閉して交尾拒否しました。(※追記参照)
やがてキタキチョウ♂は諦めて飛び去りました。
(したがって縄張りから追い出す行動ではありません。)

白い蝶がキタキチョウ♀だとすれば、♂の求愛と♀の交尾拒否というストレートな解釈になります。
しかし白い蝶はモンキチョウ♀またはモンシロチョウのようにも見えるので、キタキチョウ♂が異種に対して誤認求愛したことになり、興味深く思いました。
シロチョウ科でも属レベルで違う種類の蝶に対して果たして誤認求愛するのかな?

黄色と白という2色の蝶の追いかけっこを見つけたとき、初めはモンキチョウの求愛飛翔かと思ったのでした。
モンキチョウの求愛飛翔では、逃げる♀の前に♂が回り込んで上昇するという動きをグルグルと繰り返すことが知られています。

▼関連記事 
モンキチョウ♀♂の求愛飛翔【ハイスピード動画】
ところが、今回の映像でキタキチョウ♂は白い蝶が逃げて行く後をただ追いかけるだけでした。

この後、ふられたキタキチョウ♂を追いかけた私は、近くのミゾソバの群落で訪花吸蜜したのを観察しています。
キタキチョウに特有の翅裏にある斑点模様を確認しました。(映像公開予定?)
むしろ白い蝶の正体を突き止めるべきでしたね。(アングルを少し変えて訪花シーンをしっかり撮るだけで良かったのに…。)


「キタキチョウの求愛」でネット検索してみると、公開された情報は少ないようですが、見事な生態写真を掲載したブログを見つけました。
はばたき「第二部 キタキチョウの求愛飛翔」(by Favoniusさん)
撮影アングルによってキタキチョウ♀の翅はクリーム色というよりもかなり白っぽく見えることがあるようです。
モンキチョウの求愛飛翔とは飛び方が違うのだそうです。

一方、YouTubeで検索してみると、唯一yomaturi1さんの動画「キタキチョウ探雌行動2」がヒットしました。

はっきりしたことは、覚えていませんが、この藪の中に蛹があり、その蛹を探して飛翔しています。雌雄の区別は出来ないようで、オスの蛹にも集まります。
とのコメントを頂きました。
キタキチョウは羽化直後の飛べない♀に♂が集まって交尾することもあるようです。
そのような観察例がFavoniusさんのブログ記事「第三部 キタキチョウの強制求愛」に報告されていました。



※【追記】
交尾拒否するキタキチョウ♀の写真を拝見すると、翅を大きく広げながら腹端を高々と持ち上げていました。
私の動画では斜めから見たアングルでわかりにくいのですが、そのような明確な交尾拒否ではありませんでした。
やはり異種間の出会いだったのでしょうか?

ウドの花蜜を吸うエントツドロバチ♀



2017年8月下旬

道端に植えられたウド(独活)の株でエントツドロバチ♀(Orancistrocerus drewseni)が訪花していました。
忙しなく吸蜜しています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/07

屋根裏の巣に出入りするチャイロスズメバチ♀の羽ばたき【ハイスピード動画】



2016年9月下旬
▼前回の記事
チャイロスズメバチの巣に近づく謎の寄生?ハエ【ハイスピード動画】

破風板の裏側に営巣したチャイロスズメバチVespa dybowskii)のワーカー♀が飛び回り帰巣、出巣を繰り返す様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
帰巣の際に獲物や巣材を搬入しているシーンは別の記事にまとめておきました。

▼関連記事
肉団子や巣材を巣に搬入するチャイロスズメバチ♀【ハイスピード動画】

今回の映像はそれ以外のシーンです。
実は、空荷で巣に出入りしていることがずっと多いのです。
巣のある建物の真下で私が立って撮影しているので、警戒したワーカー♀が私を偵察・威嚇に来ていました。
つまり、この映像は平時の状態ではないかもしれません。(観測者問題)

また、出巣しても空中で旋回しただけですぐ破風板に戻って来る個体がいました。
外役の経験の浅いワーカー♀が出巣の前に巣口の位置をしっかり記憶するために定位飛行を繰り返してしているのかもしれません。
その場合は、巣の方を向いてホバリングしながら扇状に、少しずつ大きな弧を描くように飛ぶはずです。
引きの絵(広角)で撮っていないため、この映像からは定位飛行かどうか区別がつきません。

初めに説明したように、今回の撮影の目的としては、巣材または肉団子を巣に搬入する瞬間をハイスピード動画で記録したかったので、寄りの絵にしていたのでした。

素人目には、未熟なワーカー♀による飛行訓練、あるいはコロニー全体が警戒中(やや興奮状態)、という印象を受けました。

帰巣する個体と出巣する個体が空中で衝突し、もつれ合うように落下しました。(@0:23)
敵が飛来したと誤認して門衛が迎撃したのか、それとも偶然の事故(空中のすれ違いに失敗)なのか、分かりません。

熱が篭った巣内を冷却するために門衛の一部が羽ばたく扇風行動は見られませんでした。
巣口の周囲で歩き回りながら羽ばたいていた個体もすぐに飛び立ってしまいます。(出巣)
ところが破風板に少しズームインしてみると、画面上端付近で扇風行動をしている個体を一匹見つけました。(@6:16〜6:50)
巣口から外に向いて立ち止まったまま羽ばたき続けています。
これがもし本当に扇風行動なら、外気を巣内に送り込んでいることになります。
現場ではこの個体に気づかなかったので、気温を測るのを忘れてしまいました。
現場は特に暑かった記憶がありませんし、鎮守の森(スギ林)に囲まれているので、少なくとも私には過ごしやすい気温だった(あまり暑くなかった)と思います。
別種ですがコガタスズメバチやキイロスズメバチでは、気温が30℃を越えると扇風行動が発動されることをこれまでに観察しています。
この個体が本当に扇風行動をしたのか、離陸前の準備運動として羽ばたいていただけなのか、気になるところです。(※追記参照)
しかしすぐに撮影を打ち切ってしまったので、残念ながら分からずじまいです。
1/8倍速のスローモーションで34秒間ということはリアルタイム(実時間)ではたった4.25秒しか羽ばたきが記録されておらず、とても扇風行動だと言い切れません。

扇風行動ならもっと長時間(少なくとも数分間)、巣口の近くで羽ばたき続けます。
とりあえず、扇風行動は今回無かった、ということにしておきます。



※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。




【追記】

動画編集前のオリジナル素材を見直してみました。
巣口から出てきて破風板で扇風行動のように少し羽ばたいていた個体Aは、羽ばたきを止めて隣の個体Bと栄養交換の口づけを交わしていました。
そこへ帰巣した別個体Cが飛びついて、♀Aの出巣衝動はうやむやになってしまったようです。


センニチコウの花蜜を吸うベニシジミ夏型



2017年8月下旬

花壇に咲いたセンニチコウ(千日紅)の群落でベニシジミLycaena phlaeas daimio)が訪花していました。
翅表が黒っぽいので夏型ですね。
赤紫色の玉のような花序で翅を半開きにして吸蜜しています。
満足すると、花から葉先に移動して休息。

映像後半の2頭目は、花に止まった状態で吸蜜もせず翅を立てて(閉じて)休んでいました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/06

丸木橋を渡り遊動する野生ニホンザルの群れ



2017年8月下旬・午後17:34〜17:43

山麓の水路をまたぐようにアカマツの大木が倒れていました。
少しずつ切り刻んで撤去している途中のようです。
画面左の里山から下りてきた野生ニホンザルMacaca fuscata fuscata)の群れが、この倒木を丸木橋として利用していました。
次々に丸木橋を渡ると、水路の柵から農道に飛び降りて右の林へ走り去ります。
右の林に入る際にも地面を歩くよりも、倒木の上を渡るのが好きなようです。

丸木橋の上で座り込み、親から子猿へ相互毛繕いを始めました。
テレメトリー調査のためにアンテナの付いた電波発信機(GPS?)の黒い小箱を首に装着した個体(若者)が登場しました。



丸木橋の端で座り込んでいる数頭の個体のせいで、群れの遊動が渋滞するようになりました。
どの個体を撮ろうか目移りしてしまうのですが、丸木橋を使わずに水路の対岸から一気にジャンプして飛び越える元気な個体(乳首の目立つ♀および子猿)もいます。
幅2.7mの水路を立ち幅跳びで軽々と飛び越えるとは、驚くべき身体能力ですね!

ここは水路がカーブしているのですが、向こう側から柵の鉄パイプ上を渡って来る個体も登場。
すっかり人馴れした群れのようで、私の姿を認めてもパニックにはならず、落ち着き払った様子で各々が自分の毛皮を掻いて身繕いしています。
丸木橋で休む母ザルの近くで遊び回る子猿たちが微笑ましいですね。

首輪を装着した個体は丸太を抱くように腹這いになり、別の個体から背中や腰のノミ取り(毛繕い)をしてもらうようになりました。
私が腹這いになって撮影しているので、その猿真似をしているのだとしたら愉快ですね。
(まぁ多分、私の考えすぎでしょう。)

ときどき遠くから銃声のような爆音(破裂音)が聞こえてきます。
田畑や果樹園の農作物を守るために設置された無人の爆音機か、あるいは里に下りてきたニホンザルを撃退しようと誰かが空砲を撃っているのかもしれません。
いずれにせよ、猿はすっかり慣れっこで、全く気にしていない様子です。


丸木橋の全体像を横から撮りたくて、後半は私が少し移動してアングルを変更しました。
サルの群れからも私の姿が丸見えになり、離れていても警戒されてしまいました。
不安そうな子猿を母猿が抱きしめています。
やがて群れのしんがりも丸木橋を渡り終え、右手の里に近い二次林(スギと雑木林の混合)に姿を消しました。

撮影後、私もニホンザルの群れを追って杉林に入ってみたものの、見失ってしまいました。
水路の幅を測ると2.7mでした。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ニホンザル群れ@丸木橋:用水路
ニホンザル群れ+首輪装着@丸木橋:用水路+相互毛繕い
ニホンザル群れ+首輪装着@丸木橋:用水路+相互毛繕い

スペアミントの花蜜を吸うオオチャバネセセリ



2017年8月下旬

民家の庭先に咲いたスペアミントの群落でオオチャバネセセリZinaida pellucida)が訪花していました。
なかなか飛び立たずに、夢中で吸蜜しています。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2018/02/05

ミカドトックリバチの化粧



2016年9月下旬・午前11:59

湿地帯に近いマルバハギの葉の上でミカドトックリバチEumenes micado)が身繕いしていました。
ちょうど正午ぐらいだったので日も高く、日光浴も兼ねていたのかもしれません。
…と思いきや、すぐに飛び去ってしまいました。

ミカドトックリバチの性別の見分け方を知りたいところです。
どうして蜂の図鑑には各種について性別判定法をきっちり記述した本格的なものが未だに刊行されないのでしょう? 
蝶の図鑑では実現しているのに…。
図鑑と銘打つからには、フィールドの生態観察で役立つ基本的なことを記述して欲しいものです。

私が知らないだけかもしれないので、オススメのハチ図鑑がありましたら教えてください。


フレンチ・マリーゴールドの花蜜を吸うヒメアカタテハ



2017年8月下旬

道端の花壇に咲いたフレンチ・マリーゴールドヒメアカタテハVanessa cardui)が訪花していました。
黄色い花で翅を立てた(閉じた)まま口吻を伸ばし吸蜜しています。

すぐ隣に咲いていたオレンジ色のマリーゴルドには訪花しなかったのがちょっと不思議です。(花色の好き嫌い?)



2018/02/04

連結飛翔で水辺の産卵地を探すアオイトトンボ♀♂



2016年9月下旬
▼前回の記事(同日同所で撮った別のペア)
アオイトトンボ♀♂がサジオモダカ?の茎に連結産卵

平地にある水深の浅い沼(湿地)でアオイトトンボ♀♂(Lestes sponsa)が連結状態(尾繋がり)で飛び回っていました。
ところが、このペアは抽水植物を転々と移動しても一向に♀が産卵を始めません。
素人目に見ても産卵に適しているようには思えない(例えば茎が固そうな)植物に止まってばかりいます。
もし連結飛行が完全に♂のリードによってなされるのであれば、産卵地選定のセンスが無い(経験の浅い?)♂に思えてきました。
♀はこんな♂と別れたがっているのでは…?
産卵する気がない♀というのは、卵巣が未成熟な個体とか、逆に卵を産み尽くした個体なのでしょうか?
あるいは、交尾前のペアである可能性もありますかね?



ブチヒゲカメムシの脱糞



2017年8月下旬

用水路沿いに咲いたナガボノシロワレモコウの群落でブチヒゲカメムシDolycoris baccarum)が吸汁のために訪花していました。

▼前回の記事
ナガボノシロワレモコウの花穂で吸汁するブチヒゲカメムシ
未だ蕾の花序からせかせかと降りて、隣の花穂に登り直しました。
その途中、茎で小休止すると、白色の液状便をポトリと排泄しました。
肝心の瞬間がピンぼけになってしまったのが残念無念。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts