2018/01/08

イモカタバミの花蜜を吸うキタキチョウ



2016年11月中旬

農村部の民家の庭に咲いていたイモカタバミの花も、霜が降りると枯れてしまいます。(霜害)
そんな枯れかけの花でキタキチョウEurema mandarina)が吸蜜していました。
ところがカメラを向けるとすぐに飛び立ってしまいました。
しばらく飛び回ってから横のコンクリート壁面に止まり直すと、翅を閉じて静止。
気温が低い晩秋は翅を広げて日光浴しても良さそうなのに、キタキチョウではそんな姿を一度も見たことがありません。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts