2017/12/23

ハチミツソウの花で採餌するハキリバチの一種 【名前を教えて】



2016年10月上旬

山村の農道脇に咲いたハチミツソウ(別名ハネミギク)の群落で、オオハキリバチ♀に混じって見慣れないハキリバチの一種♀が訪花していました。
腹面のスコパに橙色の花粉を付けています。

私が知っているハキリバチの中では、スミスハキリバチ♀と似てますかね?(自信なし)
スミスハキリバチにしては、全体的に色が淡いというか灰色っぽい印象を受けます。
白っぽい花粉を体中にかぶったらこういう色合いになるのでしょうか?
映像からキャプチャした画像しかありませんが、もし名前がお分かりの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
蜂好きの端くれとして私も一応、専門的な図鑑『日本産ハナバチ図鑑』を持っています(宝の持ち腐れ)。
標本が手元にあれば同定したいところですが、採集に失敗しました。



コシアキトンボ♂の縄張り占有飛翔【HD動画&ハイスピード動画】



2017年8月上旬

お堀の池でコシアキトンボ♂(Pseudothemis zonata)が水面近くを飛んでいました。
一匹の動きを追ってみると、池の中央の上空を飛ぶのではなく、石垣の護岸に沿って繰り返し往復しています。
縄張りをパトロールしているのでしょう。

図鑑『日本のトンボ (ネイチャーガイド)』に書いてある通りでした。

(コシアキトンボ)♂の縄張り争い(Territorial conflict): 成熟♂は池の岸に沿って往復飛翔し、縄張り占有する。♂同士が出会うと激しい争いが繰り広げられる。 (p425より引用)


平凡社『世界大百科事典』でコシアキトンボを調べてみると、

6月中に羽化し,7〜8月には平地の木陰のある比較的有機物に富んだ池沼の水面上を飛び回る。成熟した雄は水面に近く飛翔(ひしよう)するが,未熟な雄はより上空8mくらいまでの空間を,未熟な雌はそれより上空にいることが多い。


途中から飛翔ルートの水面に置きピンをして待ち伏せ、240-fpsのハイスピード動画で飛翔シーンを撮ってみました。(@2:08〜4:23)
スローモーションにすると羽ばたきや滑空、旋回する様子がよく分かります。
実は翅をほとんど動かさずに滑空している時間が多いようです。

一度だけ、縄張り争いの片鱗が撮れました。(@2:29〜2:38)
一匹が急旋回したと思ったら、もう一匹の♂が左から飛来しました。
縄張りの主は慌てて侵入者を追撃するも、すぐに画角の外に出てしまいました。

ときどき水面をアメンボが横切るものの、コシアキトンボがアメンボを襲って狩ることはありませんでした。
(飛翔昆虫を狩るシーンも未見です)

後半は岸に沿ってもう少し先に進んでから、隣の縄張りに居る別個体♂を通常のHD動画で撮影しました。(@4:24〜6:58)
短時間の観察ですが、岸辺の歩道に立つ道路標識の白いポールを縄張り境界の目印にしてコシアキトンボ♂は引き返している印象を受けました。
前半に撮った個体では、護岸から少し生えたメヒシバの穂を目印にしていたのかもしれません。
(私が突っ立っていることで警戒され、飛翔ルートに影響した可能性もありそうです。)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2017/12/22

クズの花蜜を吸うルリシジミ



2017年8月中旬

河川敷に蔓延るクズの群落でルリシジミCelastrina argiolus)が訪花していました。
吸蜜中は閉じた翅の後翅を互いに擦り合わせています。
しばらく粘っても飛び立つ気配がありません。

翅表を見せてくれないので性別不明です。
今思うと、飛び立たせて羽ばたきをハイスピード動画に撮ればよかったですね。
この日は暑くてボーッとしていて、そこまで頭が回りませんでした。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



オオハナウドの花に群がるコアオハナムグリ



2016年6月上旬

農村部の用水路沿いに咲いたオオハナウドの花序にコアオハナムグリGametis jucunda)の群れが集まっていました。
花に潜り込んで花粉や花蜜を食べているようです。
餌場の奪い合いなのか、ときどき出会うと互いに小競り合いになります。



2017/12/21

飛んで逃げながら脱糞するアオサギ(野鳥)



2017年8月中旬

池を見下ろすポイントに私が忍び寄ると、いつも居るアオサギArdea cinerea jouyi)にすぐ気づかれてしまい、コンクリート護岸から3羽が飛び立ちました。
そのうちの2羽が羽ばたきながら空中で白い液状糞を排泄しました。
私が驚かせたことでストレス性の下痢にすぐなるとは思えないので(ひ弱過ぎる)、早く飛んで逃げるための軽量化でしょう。

旋回すると、河畔林のハンノキ樹幹に別れて止まりました。
おそらく若鳥のようです。
このハンノキ林には毎年サギ類の小規模なコロニーがあり、糞害のせいかハンノキの枯死が進行しています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ハスの花で採餌するニホンミツバチ♀とクロマルハナバチ♀



2017年8月上旬・午前6:35〜6:40

山麓の農村で休耕田の一角を蓮池として有効利用していました。
レンコンの花は白いらしいのですが、ここの花はピンクです。
食用レンコンを栽培しているのではなくて、あくまでも観賞用の花なのでしょう。


開花したばかりの早朝にハス(蓮)をせっせと訪花していたのは、ニホンミツバチApis cerana japonica)およびクロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀でした。

畦道まで近づけないので遠目から望遠レンズで狙うしかないのですけど、ピンクの花の中で採餌している蜂の様子がうまく見えません。
後脚の花粉籠に橙色の大きな花粉団子を付けていますし、体中の毛が黄色い花粉で汚れています。
採餌が一段落すると、ホバリング(停空飛翔)しながら身繕いしています。
胸背が花粉で真っ黄色に汚れたクロマルハナバチ♀は、現場ではクマバチやクロマルハナバチ♂(雄蜂)と見間違えたぐらいです。

以前観察した平地の蓮池にはセイヨウミツバチが来ていたその一方で、山に近いこの蓮池ではニホンミツバチが通って来ている点が、さもありなんという感じです。
クロマルハナバチは二箇所で共通の送粉者でした。

▼関連記事
ハスの花で採餌するセイヨウミツバチ♀

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/12/20

電線に群れるムクドリを牽制するハシブトガラス(野鳥)



2017年8月中旬・午後17:49

夕方、田園地帯の電柱および前後の電線にムクドリSturnus cineraceus)の群れがびっしり鈴なりに並んでいました。
就塒前集合の先駆けでしょうか。

そこへ一羽のハシブトガラスCorvus macrorhynchos)が飛来し、わざわざ近くの電線に止まりました。
ムクドリが鳴き騒ぐ中をハシブトガラスは電線から電線に少し飛んで移動したり、嘴を足元の電線に擦り付けたりしています。
なんとなく、ムクドリを牽制するような動きに感じました。(意地悪なカラスがムクドリに嫌がらせの神経戦を仕掛けて縄張りから追い払いたい?)
しかし、あからさまな攻撃やモビングはしませんでした。

この後、通りかかったスクーターのエンジン音に驚いて、ムクドリの群れはほとんど飛び去りました。(映像無し)
残ったカラスにズームインして、ハシブトであることを確認しました。

ちなみに、日の入り時刻(午後18:34)まで45分も前の出来事でした。
ムクドリが群飛を始めたり集団就塒したりするには未だ早い時間帯です。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



ナガボノシロワレモコウの花を舐めるニクバエの一種



2016年9月下旬

風媒花とみなされているヘラオオバコが実は虫媒花でもあるのでは?と疑問を抱くようになり、訪花昆虫を注意して見て回るようになりました。

▼関連記事のまとめ
ヘラオオバコは虫媒花ではないか?:ヘラオオバコを訪花する虫の謎


線路沿いの咲いたナガボノシロワレモコウの群落でニクバエの一種と思われる黒くて毛深いハエが訪花していました。
花粉を舐めているようです。



口吻の動きから、花蜜も分泌していそうに見えませんか?
ヘラオオバコの花が咲く直前の蕾の時期から袋掛けしておいて、虫が来なくても結実するかどうか実験してみたくなります。
袋は風も妨げてしまうので、風通しの良い網を被せて栽培しないといけない気がします。


採集していませんが、映像でこのハエの名前が分かる方は是非教えて下さい。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



【追記】

私は初めこの花をヘラオオバコかと思い込んでいたのですが、訂正しておきます。


2017/12/19

キジバトの首振り歩行(野鳥)



2017年8月中旬

河川敷の舗装された遊歩道をキジバトStreptopelia orientalis)が向こうからトコトコ歩いて来ます。
藤田祐樹『ハトはなぜ首を振って歩くのか(岩波科学ライブラリー)』というベストセラー本で読んだ通り、キジバトも確かに一歩ずつ首を前後に振りながら歩行しているのが分かります。
側面から見る方が分かりやすいですね。
スローモーションでじっくり見直そうと思い、ハイスピード動画モードに切り替えたら、キジバトは飛んで逃げてしまいました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



【追記】
後日、スローモーションで撮り直しました。
▼関連記事キジバトの首振り歩行と脱糞 【HD動画&ハイスピード動画:野鳥】


ボタンヅルの花蜜を吸うオオタバコガ(蛾)



2017年8月中旬

川沿いに咲いたボタンヅルの群落でオオタバコガHelicoverpa armigera armigera)が訪花していました。



口吻を伸ばして一心不乱に吸蜜しています。
後翅も半開きにして見せています。
飛び立つ気配がないので、最後は引きの絵で状況説明。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2017/12/18

チャイロスズメバチの巣を新たに発見



2016年9月下旬

山裾に佇む神社でブンブンとハエのような羽音がうるさいので「虫の知らせか?」と何気なく見上げると、多数のチャイロスズメバチVespa dybowskii)が屋根の南面に集結し、辺りを飛び回っていたので、私は奇妙なデジャブ(既視感)を覚えました。
実は2年前に、同じ建物のちょうど反対側(北面)の破風板の内部で同じくチャイロスズメバチが営巣していたのです。

▼関連記事
屋根裏に営巣したチャイロスズメバチの定点観察シリーズ:2014年

これはとても興味深いことです。
チャイロスズメバチは社会寄生性スズメバチですから、創設女王が春先に単独で巣作りを始めるのではなく、モンスズメバチやキイロスズメバチの巣を見つけて乗っ取る必要があるのです。

念の為に確認すると、建物の反対側(北面)の古い(2年前の)営巣地にはチャイロスズメバチは一匹もいませんでした。

多数の門衛が群がっている破風板は風雪に晒されかなり年季の入った材木です。
材木の表面が彫刻刀で荒削りしたようにかなり凸凹しているのは、チャイロスズメバチが巣材として寄って集って齧り取ってしまった跡なのかもしれません。
破風板の木材に隙間(穴)が開いていて、奥の屋根裏に巣の本体があるようです。
帰巣する個体がいたり、出巣する個体がいたり、ワーカー♀が忙しなく飛び回っています。
たまに巣口付近でワーカー(門衛同志?)が互いに口づけを交わし栄養交換していました。

もうひとつ興味深いのは、一匹のワーカー♀が巣内から何か白い塊を咥えて外に飛び去りました。(@2:52)
おそらく羽化後の育房を再利用するために古い繭の白い蓋を食い千切って捨てに行ったのではないかと想像しました。

メタリックな緑色に輝くキンバエ?が一匹、画面左のトタン屋根に着陸しました。(@5:09)
そのまま思わせぶりに歩いてチャイロスズメバチの巣口に接近しました。
巣からは獲物の食べ残しの匂いなど、ハエには魅力的な屍臭・腐臭がするのかな?
巣には侵入せず、ミドリキンバエ?は飛び去りました。
その間、チャイロスズメバチの門衛はハエに対して特に警戒したり追い払ったりしませんでした。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


余談ですが、実は現場のすぐ近くにニホンミツバチも自然営巣していました。
数匹のキイロスズメバチがどこか遠くの巣から通って来て、ミツバチを狩ろうとしつこく襲っていました。

▼関連記事 
狩ったニホンミツバチ♀で肉団子を作るキイロスズメバチ♀
一方で、近くに営巣するチャイロスズメバチがニホンミツバチを全く襲撃しないのが非常に不思議に思いました。
私がニホンミツバチvsキイロスズメバチの攻防戦を撮影していると、警戒心の強いチャイロスズメバチのワーカーが数匹ときどき破風板の巣から偵察・威嚇に飛んで来ました。
黒いカメラや三脚を警戒したり、私の体にまとわりつくような独特の飛び方をしました。
ただし飛びながら大顎をカチカチ鳴らす威嚇行動(最後通牒)はやらず、本気で怒っている訳ではないと分かります。
私が慌てず騒がず無の境地で動きを完全に止め(フリーズ)ゆっくり後退すると、チャイロスズメバチの偵察部隊はおとなしく巣に戻りました。

こういう場合にどうしても反射的に腕を振り回して蜂を振り払いたくなりますが、これは絶対にやってはいけません。
蜂にまとわりつかれても私が焦らずに心穏やかにいられたのは、スズメバチ用の防護服こそ持っていませんが、この日は白いポロシャツを着て帽子を被り黒髪を隠していたからです。
もし黒い服を着ていたら、それだけでスズメバチにとっては挑発行為になり、ちょっと危なかったかもしれません。
スズメバチの本で読んだ通り、こちらがエチケットを守り正しく対処すれば無闇に刺されたり襲われることはないという確信と信頼が深まりました。
偵察部隊の威嚇行動をいつか動画で記録してみたいのですけど、本格的な防護服を手に入れるまで、無茶は出来ません。(高嶺の花…)






つづく→肉団子や巣材を巣に搬入するチャイロスズメバチ♀【ハイスピード動画】


コスモスの花蜜を吸うモンシロチョウ



2016年10月上旬

郊外の原っぱ(休耕地?)に咲いたコスモス(秋桜)の群落でモンシロチョウPieris rapae)が訪花していました。
ピンクの花で翅を広げて日光浴しながら吸蜜しています。
一度飛び立っても同じ花に舞い戻って来ました。
花蜜が豊富という理由だけでなく、もしかするとコスモスの花弁がパラボラの太陽光集光器になっていて花の中央部が暖かいのかもしれません。
訪花昆虫の熱誘引は、気温の低い早春に咲くフクジュソウの花などで知られています。

フクジュソウもコスモスも向日性があるそうです。
いつかサーモグラフィーで確かめてみたいものです。


2017/12/17

タラノキの花で採餌するクロマルハナバチ♀



2017年8月中旬

平地の民家の庭木として植栽されたタラノキの周囲で重低音の羽音がするので探すと、クロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠に少量の白い花粉団子を付けています。
白くて地味なタラノキの花から花へ忙しなく飛び回り、落ち着きません。

タラノキの花には微小なアリ(種名不詳)も大量に群がっていました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



【追記】
日浦勇『たらのき (かがくのとも204号)』を読むと、児童書ながら生活史と生態系が描かれていて面白かったです。
一つ勉強になったことは、タラノキの羽状複葉についての解説です。
ふといじくが えだわかれをして たくさんの ちいさいはを つけているようだけど、これぜんぶで 1まいの はっぱ。どうして これが 1まいの はっぱかって?あきのおわりには ふといじくの つけねからぽとりと おちてしまうから。

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts