2017/11/25

小枝をかじり脱糞するイラガ(蛾)幼虫



イラガ(蛾)の飼育記録#2016-9



▼前回の記事
糸を吐いてぶら下がるイラガ(蛾)幼虫

2016年9月中旬

イラガMonema flavescens)の終齢幼虫は小枝の二又になった部分によく繭を作ります。
繭を紡ぐ足場としてメタセコイア(イラガの食樹植物ではない)の小枝を与えてみても、なかなか営繭を始めてくれません。
わざわざY字状の小枝を折ってきて与えたのに、なぜか先端の折口に興味を示して表面を齧っています。
空腹による異常な摂食行動とは考えられません。
なぜなら餌となる食樹の葉も一緒に与えているのに小枝から脱走して探索徘徊しないからです。

幼虫はときどき体を左右に揺すって(傾けて)ローリングしながら樹皮をかじっています。
ささくれのように小さくめくれた木屑が小枝の表面に残っています。
斜めになった折口を口器で齧って「面取り」しているように見えます。
おそらく、これから営繭しようとする場所の接着面を加工しているのでしょう。

樹皮噛りに熱中しているイラガ幼虫の腹端を見ると、いつの間にか排便していました。
普段見る黒っぽい湿った糞ではなく、白っぽくて乾いている印象です。
糞が乾いているせいで糞切りが悪く(便秘?)、肛門の近くの毛に薄い黄土色の糞が付着したまま落ちないでいます。(@2:03〜)
食べた樹皮のセルロースを消化できずに排泄したのでしょう。

石川象二郎『わたしの研究:イラガのマユのなぞ』を読むと、著者は営繭の足場として箸を与えて実験していました。

糸をはくまえに、はしの表面をかじることがありますが、かじることは、マユをつくるために、どうしてもひつような動作ではありません。 (p62より引用)


せっかく苦労して枝の表面を加工したのに、イラガ幼虫はここにも定着せず、移動してしまいました。
今回たまたま採取してきたメタセコイアの小枝の表面は比較的ツルツルしているので、イラガの絹糸との接着相性が悪いのかもしれないと考え、粗いサンドペーパーで表面を磨いてザラザラに加工してやりました。
それでも、一体何が気に入らないのか、イラガ終齢幼虫は相変わらず営繭を始めてくれません。
もしかすると絹糸腺など体内の生理状態が営繭の準備に入るのをただ待っているだけで、思わせぶりな樹皮噛りも単なる暇つぶしの行動なのでしょうか?

小枝の太さや曲率が気に入らなくて、加工しているのかもしれません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#10:繭を紡ぎ始めたイラガ(蛾)終齢幼虫


ストロボを焚いても、フードに隠れている口元を接写するのは至難の業

ミシシッピアカミミガメの甲羅干しと潜水



2017年8月上旬・午後16:16

蓮池で大きなハス(蓮)の葉にミシシッピアカミミガメTrachemys scripta elegans)が乗って休んでいました。
甲羅の上半分と頭部は水面から上に出ていて、甲羅干し(日光浴)しているようです。
同時に、葉の中央部に溜まった水で半身浴しています。
水から上がってハスの葉に乗ったときに、亀の体重で少し(程よく)沈んだのでしょう。

初めは後ろ姿しか見えませんでしたが、私が少しずつ近づきながら撮り続けると、カメは横目でこちらを見ています。
私が更に近づくと、首を動かしてこちらをキッと見据えてからゆっくりと首を元に戻しました。
遂に、カメの顔を正面から狙えるアングルまで回り込みました。
しつこいパパラッチに辟易したようで、カメは急に左に向きを変えると、ハスの葉から下りて泳ぎ始めました。
泳ぐときは頭部が水面から上に出ていて、鼻呼吸も目視も可能です。
最後は潜水すると、濁った水で姿が見えなくなりました。
蓮池の水面に波紋だけが残りました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


『日本の両生類・爬虫類』p70によると、

(ミシシッピアカミミガメの)目の後方の赤い模様は幼体・成体ともに変わりない。


重い亀が居なくなった後のハスの葉は、ロータス効果(撥水性)を発揮して、ほとんど濡れていません。
▼関連記事
水を弾き泥汚れも付かないハスの葉の秘密:ロータス効果の実演


2017/11/24

糸を吐いてぶら下がるイラガ(蛾)幼虫




イラガ(蛾)の飼育記録#2016-8



▼前回の記事
脱皮後に抜け殻を食すイラガ(蛾)若齢幼虫【60倍速映像】

2016年9月中旬

そろそろ繭を紡いでくれないかと思いつつイラガMonema flavescens)の幼虫を飼っていると、枝から滑落しました。
口から吐いていた細い絹糸一本が命綱となり、宙吊りになっています。
自力で小枝に戻るのかどうか見届けたかったのですが、私も忙しかったため撮影後に救助して元の小枝に戻しました。
飢えて弱っているのかと初めは思ったのですけど、隣の木に移動したいときにショートカットするため糸で懸垂下降してから自発的に地面にボトッと落下することもありました。(その記録映像を撮りたかった…。意図的な行動なのか、ただの結果論なのか?)
営繭に適した場所を探して徘徊しているのかもしれません。

つづく→#9:小枝をかじり脱糞するイラガ(蛾)幼虫


ゴミ集積所で餌を物色するハシボソガラスの群れ(野鳥)



2017年7月下旬・午前8:11〜8:13

住宅地のゴミ集積所に3羽のハシボソガラスCorvus corone)が集まり、ゴミ漁りをしていました。
最近のゴミ集積所は厳重な作りの小屋で施錠されているため、カラスは昔のようにゴミ袋を派手に荒らして生ごみを漁ることができません。
高床式のゴミ集積場の下を覗き込んだり潜り込んだりして、物欲しげに物色しています。
この日はたまたま、ゴミ出しの日でした。
近所の人が路地を歩いてゴミ捨てに来ると、1羽は飛んで逃げ、他の2羽も歩いて避難しました。

床下に潜り込んでいた個体が路地に出て来ました。
嘴から液体が滴り落ちたので、何かゴミを盗み食いできたようです。
路地に車が通りかかると、飛んで横のブロック塀に避難しました。

素人目で見るとこの群れには体格差があります。
親鳥1羽と幼鳥2羽の家族群ではないかと思いましたが、定かではありません。
親鳥と思われる一羽は頭部が盛り上がっていてハシブトガラスっぽくもあり、どっちだろうと悩ましく思いました。
ところがその個体が、ヒトの接近に驚いて慌てて逃げるときに、頭部の盛り上がりが無くなっていることに気づきました。
この状態ならハシボソガラスで間違いありません。
どうやら頭部の羽毛を逆立てていたのだと分かり、長年の疑問がようやく解けました。
何かカラスの心理状態を反映しているのでしょう。(群れ内で強さのアピール?)




この日が可燃ゴミ(生ゴミ)の日だったのかどうか、残念ながら不明です。
普通はゴミ集積所に何曜日がゴミの日か張り紙がしてあると思うのですが、剥がれてしまったのか、ありませんでした。
ゴミ集積所によっては、様々なカラス避けグッズをよく吊るしていますけど、ここにはありませんでした。
後日、確認すると、この日は可燃ゴミを出す日でした。



※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2017/11/23

ナミアゲハ♂の吸水と排尿



2017年7月下旬


▼前回の記事
ナミアゲハ♂の飛翔と吸水【HD動画&ハイスピード動画】

雨上がりの午後、砂利を敷き詰めた駐車場を飛び回り忙しなく水溜りの味見をして回っていたナミアゲハ♂(Papilio xuthus)がようやく一箇所で落ち着いてくれました。
半開きの翅を小刻みに羽ばたかせながら泥水を飲んでいます。
途中から望遠レンズを装着してズームしてみると(@2:23〜)、湿った砂利の地面から吸水しつつ、腹端から透明のおしっこをポタポタと排泄していました。
蝶の♂がよくやるこの行動はポンピングと呼ばれ、ナトリウムイオンなど必要なミネラル成分を摂取するために、不要な水分を排泄しているのだそうです。
大量の水を飲んで体温を冷やしていると思われるかもしれませんが、雨上がりで気温はそんなに高かった記憶はありません。(客観的な気温データは測っていません)
後半は翅の羽ばたきを止めて一心不乱に吸水・排尿しています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


【参考】
蛭川憲男『水場に集まる生きものたち―里山から高原、山地の自然』




オオアワダチソウを訪花するモンシロチョウの羽ばたき【HD動画&ハイスピード動画】



2017年7月下旬

民家の庭の花壇に咲いたオオアワダチソウの群落でモンシロチョウPieris rapae)が訪花していました。
翅を閉じて吸蜜しています。
この組み合わせは意外にも初見です。

後半は、花から花へ飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画でも撮影してみました。(@0:32〜)
ありふれたモンシロチョウでも、舞うような飛翔シーンが美しいですね。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/11/22

水をゴクゴク飲むカワラバトの群れ(野鳥)



2017年8月上旬・午後18:04〜18:07

観光客に餌をねだっていたカワラバト(=ドバト;Columba livia)の小群が夕方になると飛んでお堀の水際までやって来ました。
ハトは首を下げたまま水をゴクゴク飲むことが可能です。
他の鳥類は、一口ごとに水を嘴ですくい上げながら首を上げて喉に流し込む必要があります。
水際の石垣に右足を滑らせて焦る鳩が微笑ましいですね。
対岸から隠し撮りしていたのですが、カメラに気づくとハトは飛んで逃げてしまいました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


▼関連記事
川の水を飲むキジバト(野鳥)
池の水を飲むドバト(野鳥)


2017/11/21

ミゾソバの花蜜を吸うシロオビノメイガ(蛾)



2016年10月上旬

湿地帯の遊歩道沿いに咲いたミゾソバの群落でシロオビノメイガSpoladea recurvalis)が訪花していました。
吸蜜中は口吻だけでなく触角も動いていました。
残念ながら花の裏側に止まったままで、翅表を見せてくれませんでした。
(普通なら、粘って撮っていると自ら花の表側に回り込んで翅表の模様を見せてくれることが多いのです。)
最後はしばらく飛んで、草むらに消えました。

吸蜜シーンがフォトジェニックではないし、シロオビノメイガと伝わりづらいため、この動画は御蔵入りしていました。

しかしこの組み合わせは初見ですし、こうやって隠れながら食事するのもシロオビノメイガにとっては意味のある対捕食者行動なのかもしれない、と思い直しました。
例えば私が草むらをガサガサ歩いたことで飛び立った蛾が再び茂みに止まるときは、目立つ場所には止まらずに草葉の陰にくるりと身を隠すことがよくあります。



電線を綱渡りするハシボソガラス(野鳥)



2017年7月中旬

郊外の車道を横切るように張り巡らせた電線に止まったハシボソガラスCorvus corone)が横歩きしていました。
電柱まで辿り着くと一休み。
飛んで移動するのは造作ないはずなのにわざわざ綱渡りしていたのは、一種の独り遊びなのでしょうか?
小雨が降っていたためカメラを取り出すのが億劫で、渡り始めのカラスを撮り損ねてしまいました。


偶然かもしれませんが、この場所は1ヶ月前の早朝に、つがいが塒入りしていたのと同じ電柱でした。

▼関連動画
夜明けの電線にハシボソガラスのつがい(野鳥)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2017/11/20

ハチに擬態したシロスジナガハナアブ♀は捕獲すると刺す真似をするか?



2017年7月下旬

室内で虫の羽音が聞こえるので振り返ると、窓際をシロスジナガハナアブ♀(Milesia undulata)が飛び回っていました。
いつの間にか室内に侵入したようです。
本種はハチにベイツ型擬態している例として考えられています。
擬態のモデルとなった蜂は、なんとなくコアシナガバチPolistes snelleni)ではないかと個人的には考えています。

とりあえずプラスチック容器で捕獲

7年前に初めてこのアブを撮ったときに、面白い話を教えてもらいました。

▼関連記事
シロスジナガハナアブ♀の身繕い
本種のベーツ擬態は外見だけにとどまらず、捕まえると尾端を押し付けるようにしてまるでハチが刺すような真似をするのだそうです。


ずっと気になっていたので、この機会に早速、実験してみました。
捕獲したアブをビニール袋に移してから炭酸ガスで麻酔し、指で翅をつまみました。
本種はハナアブの仲間で吸血性ではありませんから、口器で指を刺される心配はない…はずです。

▼関連記事
シロスジナガハナアブがドクダミに訪花
汗を舐めるシロスジナガハナアブ♀

麻酔から醒めるとアブは逃れようと必死に暴れ始めます。
確かにときどき腹部を屈曲させています。
ハチが腹端の毒針で刺す行動に似ていなくもありません。
しかし意外にも、それほど頻繁にはやりませんでした。

ハンディカムで動画に撮りながらだと片手しか保定に使えないので、苦労しました。(三脚を使えば良かった…。)
翅ではなくてアブの足を摘んだ方が良かったかもしれません。
ときどき胸部の飛翔筋を高速振動させる音がビー♪と響きます。
やがて疲れたのか諦めたのか、あまり暴れなくなりました。

果たしてこれが本当に「行動の擬態」と呼べるのかどうか、疑い深い私は未だ信じきれません。
ハチ類の一部が狩蜂に進化する過程で腹部にくびれが生まれ、そのおかげで♀の腹端にある毒針で刺す動きに自由度が生まれたと考えられています。
シロスジナガハナアブが腹部を深く屈曲させるにはアシナガバチの前伸腹節のような腰のくびれが足りないように思います。

▼関連記事
キアシナガバチの刺針攻撃:♂♀比較
翅をつままれたら脚と腹部ぐらいしか自由に動かせませんから、どんなハナアブでも腹部を繰り返し屈曲しそうな気がします。
比較対象として、蜂に擬態していないハナアブではどうなのか、検討する必要がありますね。
もし蜂にベーツ擬態するアブだけが腹部をハチのように曲げるのなら、確かにハチが毒針で刺す真似をしている行動擬態と言えそうです。
そんなに難しく考えなくても、腹部を少し屈曲することで「刺すハチ」に似た外見と相まって鳥などの天敵や捕食者に恐怖の記憶が蘇ってたじろがせる効果があれば、それで充分なのかもしれません。

例えば、何らかの方法でシロスジナガハナアブの腹部を屈曲できないようにすると鳥に捕食されてしまう率が上がるのか、調べれば良さそうです。(言うは易く行うは難し)
これを実証しようとすると、擬態モデルのハチに刺された経験のある鳥を準備するところから大変そうです。


【参考図書】
上田恵介・有田豊『黄色と黒はハチ模様:ハチに擬態する昆虫類』 (『擬態:だましあいの進化論〈1〉昆虫の擬態』p62-71に収録) によると、

クロスズメバチの巣を好んで襲うハチクマは例外にして、鳥がスズメバチやアシナガバチを食べている場面を見かけることは滅多にない。毒針を持つ蜂を、鳥が避けるのは、一般的な傾向である。とすると、針はないが、ハチの姿をまねることで、鳥に襲われないようにして生存価を高める擬態形質が進化しうる。(p62より引用) 

”虻蜂取らず”はアブの戦略 
針を持たないのにハチの姿をまねている昆虫というと、まず双翅目のアブ類が挙げられる。(p62より) 
こうしたハチ擬態はどのようにして進化してきたのだろう。人が見て”そっくりである”ということと、その昆虫がモデルであるハチに本当に擬態しているのかどうかは別の問題である。これはその擬態種の形態を進化させた淘汰圧がなにかによって異なってくる。(p69より)
ハチ擬態をする昆虫の野外での生態はまだよく調べられていないし、実際にこうした擬態が捕食者にどの程度の効果があるのかもよくわかっていない。(p71より) 


以下は標本の写真。




電線と木を飛び回るオナガ(野鳥)



2017年7月下旬

街中の池の畔の電線にオナガCyanopica cyana)が一羽止まっていました。
辺りをキョロキョロと見回しています。
長い尾羽根の先が白いのですね。
嘴をパクパクと開閉したのは、辺りを飛んでいる小さな虫を食べようとしているのかな?
急に飛び立つと、鎮守の森の茂みに飛び込みました。
直後に聞こえたキキキキ♪という甲高い鳴き声がオナガの鳴き声かどうかは不明です。

そっと追いかけると、次はモミ?の樹幹でトレードマークの長い尾羽根をフリフリ動かしていました。
しばらくすると再び飛び立ち、スギ(杉)の樹冠に移動しました。

オナガと出会えたのは久しぶりで、嬉しい朝でした。(早起きは三文の得)


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/11/19

早朝に電線から飛び立つモズ♂(野鳥)



2017年5月下旬・午前4:13(日の出時刻は4:18)

郊外の住宅地でモズ♂(Lanius bucephalus)が電線に黙って止まっていました。
カメラを向けると嫌がって、すぐに飛び去りました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施して彩度を上げていますけど、実際は未だ薄暗いです。



ニホンハッカの花蜜を吸うイネキンウワバ?(蛾)



2016年10月上旬

湿地帯の遊歩道沿いに咲いたニホンハッカの群落で夕方に、おそらくイネキンウワバPlusia festucae)?と思われる蛾が訪花していました。
吸蜜中も激しく羽ばたきを続けています。
花に足をかけているので、ホバリング(停空飛翔)ではありません。
ハッカのすぐ隣に多数咲いているアメリカセンダングサの花には見向きもしません。
蛾を同定するためにはストロボを焚いて羽ばたきを止めた写真を撮る必要があるのですが、動画を優先したら逃げられてしまいました。
以下の写真は動画を撮りながらのスナップショットのため、翅の模様がブレブレです。


つづく→ミゾソバを訪花するイネキンウワバ?(蛾)の羽ばたき【ハイスピード動画】


ちょっと興味深く思ったのは、花の上で待ち伏せしていた小さなクモ(ハナグモの仲間)と何度もニアミスした件です。
体格差があり過ぎるのか、クモが獲物を狩らずに逆に蛾を威嚇して追い払ったように見えました。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts