2017/10/07

ハシブトガラス家族群の朝礼♪(野鳥)



2017年6月中旬・午前5:11〜5:15

早朝から民家の屋根にハシブトガラスCorvus macrorhynchos)巣立ち雛の群れが集まっていました。
集団塒から出てきて、朝日を浴びた屋根の上で日光浴しているようです。
嘴の中が赤いのがカラスの雛や幼鳥の特徴です。
成鳥になると口の中が黒くなります。

1羽の幼鳥が何気なく屋根を嘴で突くと、残りの2羽が餌か!と勘違いして近寄って来ます。
途中からもう1羽の幼鳥が飛来し、計4羽になりました。(@0:52)

私が幼鳥の群れを撮り続けている間、近くの電線で親鳥が鳴いていました。
腹立たし気に嘴を足元の電線に擦り付けているのは、幼鳥を心配し、私を警戒しているのでしょう。
電線上で向きを変えて鳴いた直後に脱糞しました。(@1:38)
やかましく鳴きながら飛んで常緑樹(ヒバ?)の梢に止まりました。
我が子(幼鳥)に向かって「人間だ! 気をつけろ!」と教えているのかもしれません。
口の中が黒いので成鳥と確認できました。
カメラを右にパンすると屋根の上に居た幼鳥の群れが親鳥の方へほとんど飛び立ちました。
1羽の幼鳥だけが屋根に居残り、呑気に歩き回っています。
樹幹の親鳥が「ほら、早く逃げろ! 逃げろ!」と警戒声を発し続けています。
あまりにうるさいので、再びカメラを親鳥に向けました。
するとガーガー♪切迫した鳴き声を上げながら、こちらに飛んで来ました。
その隙に、屋根の幼鳥は居なくなっていました。

近くの鎮守の森にハシブトガラスの巣や塒があるのではないかと睨んでいるのですが、未だ確かめてはいません。

今回は親鳥が一緒に居たのでハシブトガラスだと分かりましたけど、もし幼鳥を単独で見ていたら、ハシボソガラスと見間違いそうです…。
これまでも誤同定してそう…。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。




ネジレバネに寄生されたオオスズメバチ♀がコナラの樹液を吸汁



2014年9月上旬

里山の雑木林で苔むしたコナラの幹のあちこちから樹液が分泌し、様々なスズメバチ類が集まっていました。
私がモンスズメバチ♀を撮っているとオオスズメバチVespa mandarinia japonica)のワーカー♀が飛来し、少し上の樹液スポットで樹液の吸汁を始めました。

オオスズメバチが幹で下を向いたときによく見ると、腹端付近の腹部環節の間からネジレバネの体が僅かにはみ出していることに気づきました。

スズメバチネジレバネXenos moutoni)に寄生されたワーカーは行動が変化し、外役にほとんど出ないそうです。
私も実際に見るのは初めてです。
今思えば採集すべきでしたが、撮影中は被寄生に全く気づきませんでした。

突然、背後から気の強いチャイロスズメバチ♀が飛びかかり、オオスズメバチ♀は慌てて飛んで逃げました。(餌場の占有行動)
鬼の居ぬ間に漁夫の利でハエが樹液酒場に群がります。
ネジレバネに寄生されたオオスズメバチ♀は同じ幹で何度も場所を変え、樹液の吸汁を続けます。
大顎で苔を毟り取ったり樹皮を齧ったりしながら、樹液を舐めています。


下を向かないとネジレバネはほとんど見えない。

2017/10/06

ハシボソガラス雛の羽ばたき運動(野鳥)



高圧線の鉄塔#21でのハシボソガラス営巣記録#17


2017年6月上旬

今日もハシボソガラスCorvus corone)の雛鳥が巣内で親鳥を待つ合間に羽ばたき練習をしています。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#18:夜明け前の巣で目覚めるハシボソガラスの雛(野鳥)



ムラサキツユクサの花で採餌するセイヨウミツバチ♀



2017年6月中旬・午前6:45頃

道端の花壇で早朝に咲いたばかりのムラサキツユクサの花でセイヨウミツバチApis mellifera)のワーカー♀が採餌していました。
後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けている個体と空荷の個体がいます。

色とりどりの花弁をもつ複数の品種が植えられていますが、雄しべの毛(花糸)が紫色でフサフサですね。



2017/10/05

ハシボソガラス親鳥の育雛・給餌(野鳥)



高圧線の鉄塔#21でのハシボソガラス営巣記録#16


2017年6月上旬・午後16:44〜16:58

この日もハシボソガラスCorvus corone)の親鳥が雛鳥に給餌しに巣に通うシーンを3回撮ることが出来ました。
ちょっと面白いと思ったのが三度目の帰巣ルート。
住宅地の電線に止まっていた親鳥が電柱の天辺に移動し、辺りの安全を確認してから風上に飛び立ちました。
風に煽られるようにすぐ旋回して、鉄塔の方へ向かいます。
巣の下の鉄骨に一旦着地してから少しずつ飛び上がって入巣。

定量的なデータは無いのですが、親鳥による給餌頻度が減ったような印象を受けました。
巣立ちに備えて雛に減量(ダイエット)させているのかな?
私の気のせいかもしれません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#17:ハシボソガラス雛の羽ばたき運動(野鳥)



カワミドリの花蜜を吸うイカリモンガ(蛾)



2016年10月下旬

山道沿いに咲いたカワミドリの群落で2頭のイカリモンガPterodecta felderi)が訪花していました。
マクロレンズで接写すると、口吻の動きがよく分かります。
本種はいつも翅をしっかり閉じたまま吸蜜します。
種名不詳のハエも同じ花穂に来ているのですが、互いに無関心。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/10/04

里山の急斜面をトラバース遊動するニホンザルの群れ【後編】



2016年11月下旬
▼前回の記事
里山の急斜面をトラバース遊動するニホンザルの群れ【前編】

急斜面の落葉した雑木林を遊動する野生ニホンザルMacaca fuscata fuscata)の群れの中で、突然、小競り合いが勃発しました。
喧嘩の原因がさっぱり分からないのですが、ハッハッハッ♪ キッキー♪など威嚇の鳴き声を発しています。
木に登っていた個体が、後続の個体に対してなぜか急に怯えて騒ぎ出したようにも見えました。
暴力的な乱闘には至らず、2頭は互いにすぐ離れました。

群れが続々と急斜面を横切って行きます(トラバース)。

子猿を腹に抱えた♀が斜面の倒木に腰を下ろしました。
続いて子猿をおんぶした別個体の♀が遊動しています。


やがて、斜面ではなくて尾根を進む個体が増えてきました。
私の存在が猿の群れに知れ渡り、警戒しているのかな?


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



エゴノキに訪花するハナバチ類を襲うコガタスズメバチ♀



2017年6月上旬


満開に咲いたエゴノキの花は千客万来。
様々なハナバチが訪花しています。
その獲物を狩るために、コガタスズメバチVespa analis insularis)のワーカー♀がホバリングで探餌飛翔しています。
花で採餌しているトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀の背後から襲いかかりましたが、トラマルハナバチは素早く飛んで逃げました。

二回目にアタックした標的は、後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けたキムネクマバチ♀(Xylocopa appendiculata circumvolans)でした。
クマバチは花から転げ落ちるように緊急逃避し、難を逃れました。

ハナバチ類の方が飛翔能力は上手(敏捷)のようで、スズメバチの狩りは失敗続きです。

後半は1/4倍速のスローモーションでリプレイ。(@0:27〜)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/10/03

里山の急斜面をトラバース遊動するニホンザルの群れ【前編】



2016年11月下旬・午後13:11〜13:21

山中で野生ニホンザルMacaca fuscata fuscata)の群れに遭遇しました。
日当たりの良い急斜面を駆け下りて来た個体(♂)が斜面の途中に伸びた枝に止まりました。
悲鳴♪が聞こえます。
喧嘩で追われて逃げてきた個体なのか、逆に追いかけている個体なのか、状況がよく分かりません。
繁殖期で興奮しているのか、目元が紅潮しています。



カメラを上にパンすると別個体が斜面を走って右に横切り、落葉後の木に登ると体を掻きました。
更に右へ遊動して行きます。
枯れ草や落ち葉に覆われた斜面でニホンザルは保護色になっていて見つけにくいですね。

初めに登場した個体は股間に立派な赤い睾丸をぶら下げた成獣♂でした。
右へトラバースを始めました。
急斜面の枯葉で足元が滑って、登り返すのに苦労しています。

老若男女の猿が続々と現れ、斜面をトラバースして行きます。
どの猿を撮ろうか目移りしてしまいます。

木から降りた個体が仲間について行かず、急斜面を少し降りた所に生えた笹の群落で採食を始めました。
遠くて採食メニューを見分けられないのが残念でした。
笹そのものではなくて、何か藪の枯れた植物を食べている気がします。
(小枝の先の冬芽を食べている?)


親子連れが危険な急斜面をトラバースする際は、幼い子猿が母猿の腰に跳び乗って運ばれる場合(おんぶ)と、子猿が母猿の腹にしがみついて運ばれる場合(抱っこ)があります。


※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→後編




ヒマラヤユキノシタの花蜜を吸うキタキチョウ



2016年11月中旬

山麓の民家の庭の花壇に咲いたヒマラヤユキノシタキタキチョウEurema mandarina)が訪花していました。
翅を閉じて吸蜜しています。
途中で隣の花に歩いて移動したのがちょっと興味深く思いました。
省エネモードなのでしょう。
最後にようやく飛び立ちました。



ヒマラヤユキノシタは本来、早春に咲く花らしいのですが、季節外れに狂い咲きしたようです。
「みんなの花図鑑」サイトを閲覧すると、10〜11月に各地で開花例があるようです。


秋になると紅葉する

2017/10/02

雛の糞の世話をするハシボソガラス親鳥(野鳥)



高圧線の鉄塔#21でのハシボソガラス営巣記録#15


2017年6月上旬

排糞行動の撮影に執念を燃やしています。

採餌から戻って来たハシボソガラスCorvus corone)の親鳥が巣の一段右下の鉄骨に一旦止まってから飛び上がり、帰巣しました。
雛鳥の一羽に口移しで給餌しました。
しばらく待つと、食後の雛が排便した糞をすかさず受け取った親鳥が喉袋に入れて、巣から左に飛んで行きました。
動画を高画質で視聴すると、受け損ねた糞の一部が巣から落ちる様子が見えます。(@0:22)

住宅地の電線に止まった瞬間に、親鳥が喉袋から雛の糞を吐き出しました(@0:34)。
カメラのズームが間に合わなかったものの、なんとか糞の落下が写っていました。
(オリジナルの動画では辛うじて写っていたのに、YouTubeにアップロードすると画質が劣化してしまい、残念ながら肝心の排糞シーンが不明瞭です。)

嘴を電線で何度も拭っています。
小休止してから左へ飛び去りました。
次の採餌に向かったのでしょう。

親鳥は毎回同じ場所で排糞するとは限らず、何箇所かお気に入りの排糞スポットがあるようです。
撮影を終えて帰り際に住宅地の電線の下を見に行ったら、雨上がりで路面が洗い流されていて、鳥の糞は1つしか見つけられませんでした。
糞害で困るほどの状況ではなさそうです。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。

つづく→#16:ハシボソガラス親鳥の育雛・給餌(野鳥)


白バラの花で採餌するトラマルハナバチ♀



2017年6月中旬・午前7:04

朝から民家の花壇に咲いた白いバラの花にトラマルハナバチBombus diversus diversus)のワーカー♀が訪花していました。
後脚の花粉籠は空荷ですが、雄しべの茂みの中を動き回って集粉しているようです。




盛口満『生き物の描き方: 自然観察の技法』によると、

「野ばら」は「野生化したバラ」ではなく、「栽培化されたバラの祖先」である。そして、野ばら、すなわちノイバラの花には花びらが5枚しかなく、色も白い。ノイバラにとっては、そうした昆虫たちが、花粉の媒介者になっているわけだ。しかし、バラではどうだろうか。花粉をつけるおしべは花びらに変化してしまっている。しかも八重となった花は重なりあい、中に潜り込むのも難しい。さらに、売られているバラは真紅だが、ハチは赤い花よりも白い花を好む。つまり野ばら(ノイバラ)にはハチがきても、バラにはハチが来がたいわけである。




2017/10/01

アメリカセンダングサの花蜜を吸うシロオビノメイガ(蛾)



2016年9月下旬

水路沿いの草むらに咲いたアメリカセンダングサの群落でシロオビノメイガSpoladea recurvalis)が訪花していました。
吸蜜しては花から花へ飛び回る様子を動画に撮ることが出来ました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts