2017/07/15

群飛を繰り返しビルの屋上に塒入りするハシボソガラスの群れ(野鳥)



2016年10月上旬・午後16:55~17:22(日の入り時刻は17:13)

秋から冬にかけて、夕方に塒入りするカラスの群れが大きくなります。
空高く飛んで行くカラスの大群を追いかけると、某施設のビルの上を旋回してから続々と屋上に舞い降りていました。
異様な光景に興奮しました。
数年前から秋の夕方になるとカラスがこの施設の周囲に群れて騒いでいたのを遠くから通りすがりに眺めていたのですけど、当時はその意味が分かりませんでした。
積年の謎がようやく解けて嬉しくなりました。

屋上の縁に沿ってカラスが一列に並んでいます。
屋上のあちこちに立てられた各種アンテナ(計4本)に止まっている個体もいます。
遠くて鳴き声はほとんど聞き取れませんし、映像からはカラスの種類を形態的に見分けられません。
しかし、この辺りではハシブトガラスは少なくハシボソガラスが圧倒的に優占種となっています。
また、後日この施設に更に近づいて塒入りを観察した結果、ハシボソガラスCorvus corone)がメインの集団塒と判明しました。

しばらくすると屋上からカラスの大群が一羽残らず一斉に飛び立ちました。
夕暮れ時の空を黒いカラスが大群で旋回する様は壮観です。
遠くて鳴き声は聞き取れません。
おそらく塒入りする前の集団誇示行動(就塒前群飛)なのでしょう。
ムクドリも似たような群飛を行います。
塒の周囲の安全を確認したり、天敵を威嚇して追い払ったりする意味があると考えられています。

もしカラスの塒がこのビルとは別な場所にあるのであれば、私が観察したのはカラスの就塒前集合ということになります。
ところが、群飛を終えたカラスがまた同じ屋上に戻って来ました。
鳴き交わしながら続々と屋上に着陸します。
そのまま屋上で落ち着くのかと思いきや、再び一斉に飛び立ち就塒前群飛しては屋上に戻るという行動を何度も繰り返しています。

施設の職員が屋上に出てきてカラスを追い払おうとしている可能性もありますが、こちらからはヒトの姿は見えません。
私としては、カラスが逃げたのではなく就塒前群飛のために何度も自発的に飛び立ったのだろうと推測しています。

屋上に舞い戻って来る際に2羽で飛びながら置いかけっこしている個体もいました。
素人目にはふざけて遊んでいるようにも見えますが、止まり場を巡る小競り合いで空中戦になったのかもしれません。

ようやく屋上に落ち着き、カラスはやはりここを塒として夜を過ごすようです。
この事例では、就塒前集合と集団塒が同じ場所でした。


※ カラスのプライバシーを保護するために、壁面の施設名にモザイクをかけています。
世間が野鳥の営みに対して無関心で放っておいてくれるならまだ良いのです。
私はただカラスが好きで動画を撮っているだけなのに、私の動画のせいでカラスが駆除されたりこの集団塒から追い出されてしまったのでは藪蛇というか本末転倒です。
誰かが急に「毎晩カラスの大群が集結するのは不気味で不吉だ!」と非科学的な言いがかりをつけて施設に通報したり、仕事熱心なカラスの駆除業者がこの施設に営業をかけるかもしれません。

施設側から「こんな動画は営業妨害だ!」と抗議されたりしたら堪りません。
昨今は全く予想もつかない方向からクレームが付けられる世知辛い社会ですから、こんな用心をしないといけないのです。
もちろん鳴き声がうるさかったり(騒音公害)、集団塒の糞害が酷いだろう、ということは容易に想像できるので、悩ましいところです。


つづく→早朝に集団離の屋上から飛び立つハシボソガラスの群れ(野鳥)


チョウゲンボウの飛翔(野鳥)



2017年5月上旬

農耕地と住宅地が混在する郊外の上空をひらひらと飛んでいる小型の猛禽類を見つけました。
空にくるりと輪を描きながら滑翔し、その合間にひらひらと羽ばたきます。
この独特の飛び方はチョウゲンボウFalco tinnunculus)です。
飛ぶ姿がトンボみたいだと評されることもあります。
私のほぼ真上を飛んでくれたおかげで、翼の下面の特徴でも確認できました。
初めは比較的低いところを飛んでいましたし、サービス満点の鳥でした。

『ワシタカ類飛翔ハンドブック』によると、チョウゲンボウは

非常に長い尾先の黒い黒帯が目立つ(p46-47より引用)



2017/07/14

シロバナジンチョウゲの開花【3600倍速映像】



2017年4月中旬

沈丁花
の白い蕾がほころび始めたので、常緑樹の灌木から小枝を採取してきました。
水を入れたペットボトルに生けて、室内で開花する様子を微速度撮影しました。
30秒間隔で約41時間インターバル撮影しました。
花が小さいのでマクロレンズで接写します。
得られた連続写真から30fpsの設定で動画を作成してから、更に4倍速に加工しました。
計算するとリアルタイムに対して、30*30*4=3600倍速の早回し映像になります。

花が咲いてみると、シロバナジンチョウゲと判明。
室内に私の大好きな沈丁花の上品な芳香が強く漂います。
撮影のために照明を一日中当て続けること(長日条件)が植物の開花に影響を及ぼすのかどうか気になるので、本を読んで勉強中です。
幻とされていたフロリゲン(花成ホルモン≠開花ホルモン)を探し求める熾烈な研究の歴史など、植物生理学も勉強してみるとなかなか面白いですね。



ジンチョウゲは小さな花が集まって手毬状になるはずなのに、この枝につく花芽(つぼみ)の数が少ないのは、日当たりの悪い所に植栽されたためでしょう。(日照不足)
沈丁花は陰樹らしいのですけど、それにしても植えた場所の日当たりが悪くて貧弱な枝ぶりでした。


室内での微速度撮影が終了した日に採集地でも元株が少し開花していた。

この機会に沈丁花について調べてみると、知らないことばかりでした。

日本にある木は雄株が多く、雌株はほとんど見られない。(wikipediaより引用)
確かに小花の奥には黄色い雄しべだけで、雌しべが見当たりませんでした。

『樹木見分けのポイント図鑑』で沈丁花を調べると、

花弁に見えるのは萼片で、筒状の萼の先が4裂したもの(p40より引用)。



【おまけの動画】
同じ素材で早回し速度を変えたバージョンをブログ限定で公開します。



↑5400倍速映像



↑900倍速映像


交差点にクルミを落として割るハシボソガラス(野鳥)



2017年5月上旬

ハシボソガラスCorvus corone)が交差点でクルミ割りを繰り返していました。
歩道縁石付近でクルミの実を咥えると飛び立ち、交差点の真上の電線に止まりました。
すぐにクルミをポトリと落とします。
空中からの投げ落としではなく、電線の高さから離して自由落下させ、舗装された道にぶつけています。
落としたクルミが交差点から転がってしまい、カラスは慌てて追いかけました。

しばらくすると、いつの間にか交差点の中央にカラスが戻ってクルミを啄んでいました。
大型バンが近づいても路上のカラスは恐れません。
車線の違いと赤信号で停車することを理解しているようです。
クルミを咥えて飛び立つと急上昇し、交差点の真上の電線に止まりました。
信号が青に変わった直後、クルミを落としました。
発進したバンの真ん前に落ちればタイヤで踏んで割れたはずですが、残念ながらクルミは少しずれて反対車線に落ちました。
カラスは拾ったクルミを咥えて道の横にどきました。
ようやく固い殻が割れたのかな?

当地のハシボソガラスも遂に仙台のカラスみたいにクルミの殻を車に轢かせて割る方法を編み出したのか?と興奮したのですが、残念ながら一歩手前の未だ不完全な手法でした。
試行錯誤の途上らしい。
一度獲得した「投げ落とし」の技を捨てて、「一時停車中の車のタイヤの前に置く」方法を編み出すのは、かなり難しい知的ミッションなのでしょう。
この田舎道は交通量がさほど多くないので、車を利用したクルミ割り法を新たに獲得するのは不利かもしれません。
大型車に踏まれるとクルミが粉々に割れてしまいかえって中の実を食べづらくなるので、クルミを車に割らせる食文化はあまり広まらない、という説も聞いたことがあります。(だから仙台のカラスが車に轢かせてクルミを割るのは、遊びやゲームの要素が強いのではないか?という説)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



▼関連記事
交差点で車にクルミを割らせようとするハシボソガラス(野鳥)

約2年前に観察した記録です。
今回撮影した交差点とは同じ道の一つ隣の交差点で、約460mしか離れていません。
場所が近いので、この辺りを縄張りとする同一個体(またはその子孫)の可能性もありますね。




2017/07/13

白梅の開花【1800倍速映像】



2017年4月中旬

3日前に蕾(花芽)のついた白梅の枝を採取していきました。
水を入れたペットボトルに生けると、野外は寒の戻りで冷え込んでも暖かい室内で蕾が続々と開花してきます。

蕾がほころんで開花する様子を20秒間隔で約24時間インターバル撮影してみました。
得られた連続写真から15fpsの設定で動画化してから、更に6倍速に加工しました。
つまり、計算するとリアルタイムに対して20*15*6=1800倍速の早回し映像ということになります。



【おまけの動画】


↑1200倍速映像



↑オリジナルの映像素材(300倍速映像)

早回し速度を落としたバージョンをブログ限定で公開します。


5月の刈田で採食する渡去直前のツグミ(冬の野鳥)



2017年5月上旬

郊外の休耕地でツグミTurdus eunomus)の群れが採食していました。
ツグミの地上採食シーンを見たのは初めてかもしれません。
最後は警戒声を発して奥の灌木へ飛び去りました。

何よりも驚いたのは、冬鳥のツグミを5月のGWに目撃したことです。
一瞬ホオジロかと思ったのですが、よく見ると下面(お腹)が白く鱗状の斑点があることからツグミですね。
地球温暖化でも説明できない、むしろ逆ですね。
春になっても北へ渡りをせず日本に居残る個体群なのでしょうか?

日本大百科全書(ニッポニカ)を紐解いてツグミの解説を読むと、

冬には群れは分解して、耕地や川原など開けた場所で単独で生活するようになる。5月に小群をつくり、渡り去る。

日本を北上してきて渡去する直前のツグミを運良く見れたのだと分かりました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/07/12

駐車場で採食するカワラヒワのつがい♪(野鳥)



2017年5月上旬

砂利の敷かれた駐車場でおそらく番(つがい)と思われる2羽のカワラヒワCarduelis sinica)が鳴き交わしながら採食していました。
雑草の種子を啄んでいるのでしょう。
駐車場の横は水田になっています。
最後は何かに驚いて飛び立ちました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



ソメイヨシノで訪花採食するハシボソガラス(野鳥)



2017年5月上旬

休日で静かな工場の敷地内で2羽のハシボソガラスCorvus corone)が地上採食していました。
私が横を通りかかると一斉に飛んで逃げ、1羽は近くの桜の木に止まりました。
(映像はここから)

花が散り始め葉桜になりつつつあるソメイヨシノ樹上で枝を移動しながらカラスが何やら採食を始めました。
花?を嘴で引っ張って千切り取っていますね。
花蜜を吸っているのか(吸蜜)、花そのものを食べているのか、それとも花に来る虫を捕食しているのか、気になるところです。
残念ながら、やや遠いので見分けられませんでした。
私に対して少し警戒しているようで、カラスは茂った枝葉の奥に隠れてしまいました。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。



2017/07/11

オナガガモ同士の喧嘩と転位行動(冬の野鳥)



2016年11月上旬

早朝の川でオナガガモAnas acuta)の大群が岸辺近くに密集しています。
一緒に採食しているコハクチョウからいじめられるだけでなく、オナガガモ同士でも喧嘩が頻発します。
鴨は川面に浮かんでいるだけでほとんど採食はしていないのですが、一体何が気に入らないのか、目の前の相手をいきなり嘴で突いて追い回します。
振り向きざまに相手を嘴で突いたり、嘴で噛み合って激しく争うこともありました。
♂vs♂、♀vs♀、♂vs♀と性別を問わず攻撃しています。
本種は性的二型なので、性別を見わけるのが容易です。
白黒のツートンカラーが♂で、地味な茶色が♀です。

川岸近くは水鳥(オナガガモとコハクチョウ)でかなり混み合っています。
まるで芋を洗うような混雑で、そんなに苛々カリカリするぐらいなら、群れから離れれば良いのに…と他人事ながら思ってしまいます。
都会の朝の満員電車で殺気立つヒトの行動を連想し、身につまされますね。

八木力『冬鳥の行動記 Ethology of Wild Ducks』p50によると、

 争いは♀をめぐる♂同士であったり、同種や異種間での場所の取り合い、その他何が気に入らないのか、私には理解不能の争いが数多くあります。
 この際、逃げた側は高確率で転位行動を行ない、勝者もまれに行ない、闘争は終結します。(p50より引用)
争いや突然何かに驚いたとき、どう対処したら良いのか迷ったりパニックに陥ると、もうヤーメタとばかりに儀式的水浴びをし、次いで転移性羽ばたきを行なって、その後は何事もなかったかのように全く別の行動へと移っていきます。この一連の行動を転位行動と呼びます。 この行動は交尾の後にも行なわれ、要は気分転換をはかり、精神的混乱や性衝動の回避をしているようです。また、羽ばたきの代わりに体振りをすることがあり、儀式的水浴びを省略することもあります。(p37より) 


闘争後の転位行動に注目して改めて映像を見直すと一層面白いですね。
世界平和のためにはヒトも喧嘩の後に(特に負けた後に)根に持たないように口惜しさを発散する工夫が必要かもしれません。(ノーサイドの精神、グッドルーザー)

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。
闘争は予測不能なので、コハクチョウを長撮りした映像素材から編集で抜き出しました。


春の湿地帯で採食するキジの♂1♀2ハレム(野鳥)



2017年4月下旬

湿地帯を貫く用水路の岸辺でキジ♂(Phasianus versicolor)が採食していました。
歩きながら地面の枯れ草を啄み、その合間に頭を上げて周囲を警戒しています。

やがて右からカルガモAnas zonorhyncha)がキジ♂に近づいて来ました。(@0:55)
地味なキジ♀かと思いきや、カルガモでした。
キジ♂の目の前で立ちふさがり、至近距離で睨み合います。(一触即発?)
しかし喧嘩(種間闘争)にはならず、互いに向きを変えました。
見ている私は「もしかして、カルガモの巣が近くにあるからキジ♂の接近を許さないのかな?」と勝手に想像しました。
更に用水路の中にもカルガモが何羽も居ます。

遠く(隣の縄張り)から別個体のキジ♂の鳴き声がケンケーン♪と聞こえます。(@1:52)
左から今度はキジ♀が登場。(@2:24)
地味な♀は周囲の枯れ草に対して完璧な保護色になっていて、動かなければ全く目立ちません。
♀は採食しながら、先行する♂にゆっくり近づきます。

それまで手前のハンノキの枝に隠れていた(用水路の水際に居た)もう1羽のキジ♀が右から合流しました。(@3:10)
これ以降、キジ♀は2羽で行動するようになりました。
1羽の♀が用水路の水際に下りたので水を飲んだり水浴したりするのかと期待したものの、なぜか何もせずに引き返しました。(@3:55)

邪魔なハンノキに業を煮やし、私は撮影アングルを求めてそっと横に移動しました。
2羽のキジ♀は並んで採食しながら用水路沿いに枯れ葦原をゆっくり歩いて行きます。
なぜかカルガモ1羽がキジ♀について歩くのが可笑しいですね。
まるで孵化したときにキジ♀に刷り込み(インプリンティング)されてしまった鴨の幼鳥みたいです。
…と思いきや、そのカルガモがキジ♀と別れて用水路に降りて入水しました。
♀に先行していたはずのキジ♂の姿を見失ってしまいましたが、広い湿地帯(ヨシ原)の縄張り内で2羽の♀と一緒にハレムを形成しているようです。

♂は♀に付き添って(ライバル♂から)がっちりガードするのではなく、自由に採食していました。


2017/07/10

川でオナガガモをいじめるコハクチョウ(冬の野鳥)



2016年11月上旬・午前6:40頃
▼前回の記事
コハクチョウ:川での採食法(冬の野鳥)

早朝に川岸近くでコハクチョウCygnus columbianus)の小群(成鳥3羽および幼鳥2羽の計5羽)を撮影していると、一緒に採食しているオナガガモAnas acuta)の大群を邪険に追い払う行動が繰り返し見られました。
邪魔な(目障りな)鴨を追い払って空いたスペースで採食するのです。

コハクチョウの成鳥も幼鳥も長い首を前方に伸ばして目障りな鴨たちを嘴で突いたり威嚇したりして、激しく追い立てています。
コハクチョウ自身が岸に上陸したい訳ではないのに、ただの意地悪というか、面白がって鴨を追い立てているだけにも見えます。
空腹で気が立っているのですかね?
性格悪いなーと思いますけど、ヒトの幼児も公園で走り回りハトの群れを無邪気に追い散らして遊んだりするので、五十歩百歩でしょう。
「オナガガモ、そこのけそこのけ、コハクチョウが通る。」字余り

今季は鳥インフルエンザの流行を恐れて、この川で白鳥への給餌を中止したらしいので、餌不足なのでしょう。
(昼間は他の餌場まで飛んで行き、夕方になるとこの川に帰って来て塒入りするのです。)
同じカモ科とは言え、オナガガモよりも体格に断然勝るコハクチョウが喧嘩に強いのは当然です。
(正確に言えば喧嘩らしい喧嘩にもならず、オナガガモはただ逃げ惑うだけで一切反撃しません。)
白鳥はその見た目から「聖なる鳥」のような印象を持たれていますが、実像は普通に性格が悪い(意地悪)と知り、なんだか安心しました。
白鳥に抱く「清純で無垢な鳥」というイメージが一変する衝撃映像かもしれません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。
この種間闘争はいつ起きるのか予測不能なので、長撮りした映像素材から編集で抜き出しました。


ヤマザクラ?の花で吸蜜するコムクドリ♂(野鳥)



2017年5月上旬

民家の庭に植えられた桜の花が満開です。
コムクドリ♂(Sturnus philippensis)が花蜜を吸いに来ていましたが、残念ながらすぐに奥の枝へ逃げてしまいました。



よく見かけるソメイヨシノではなく、開花と同時に展葉した若葉が赤っぽいタイプの桜でした。(種名不詳)
これはヤマザクラですかね?(自信なし)



2017/07/09

コハクチョウ:川での3種類の採食法(冬の野鳥)



2016年11月上旬・午前6:34~6:50

早朝にコハクチョウCygnus columbianus)5羽の小群が川岸近くまで来てカモ類に混じって採食を始めました。
小群の内訳は、羽毛と嘴が灰色の幼鳥2羽、羽毛が白くて嘴の根本が黄色い成鳥3羽。

平凡社『日本動物大百科3鳥類I』で調べると、ハクチョウの採食法として「地上での草はみ、水面をピチャピチャ、潜水、水中に逆立ち」の4種類が図解してありました。(p64より)


岸辺近くの水深は浅いはずですけど、水中での採食法を全て披露してくれました。

  1. 長い首を水中に突っ込む「もぐり」。
  2. 更に深い川底で採食するためお尻(尾羽根)が真上に来るまで潜水する「逆立ち」。
  3. 前方に伸ばした首を左右に動かしながら嘴で「水面をピチャピチャする」。
最後に成鳥が「もぐり」で水草のような枯木のような物を拾い上げたのですが、食べずに捨てました。(@1:10)
いつか水中カメラで採食シーンを動画に撮ってみたいものです。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts