2017/11/14

芝生でパン?を採食するハシボソガラスの親子(野鳥)



2017年7月下旬・午前8:01〜8:06

私がアベリアの生垣でハナバチ類の撮影に熱中していたら、いつの間にかすぐ横までハシボソガラスCorvus corone)の親子が近寄って来ました。
左側の華奢な個体は、最近に巣立ったばかりの幼鳥でしょう。
私の存在を恐れずにトコトコ歩いてきて、生垣の下を物色しています。
芝生から何か白い物を拾い上げました。
アベリアの散った落花を食べるのかな?と思いつつも撮影を続行。
餌を啄んで食べている口の中が赤いので、幼鳥で間違いありません。
どうやら採食メニューは白い花ではなく、パンを千切った欠片に見えました。(近くの池の鯉に給餌するお麩をかっぱらって来たのかもしれません)
なんでこんな所にパンが落ちているのか、不思議ですけど、もしかすると親鳥が貯食しておいたのかな?
巣外採食の段階も終えて、もうこの幼鳥は自力で採食できるようです。

その間、親鳥と思われる成鳥(口の中が黒い)は近くの芝生を歩き回りながら、幼鳥を見守っているようです。
この成鳥が本当にハシボソガラスで合っているのか、あまり自信がありません。
嘴が細いのにおでこがでっぱっていて、ハシブトガラスとハシボソガラスの中間的な形質なのです。
ときどきこういうカラスを見かけて悩まされるのですけど、頭部の羽毛を逆立てているだけですかね?
雑種の可能性とかあるのでしょうか?
ちなみに、私のフィールドで優占種はハシボソガラスです。
もしも成鳥がパンを先に見つけていれば、幼鳥は慌てて駆け寄って餌乞いしたはずです。(成鳥がそれに応えて巣外給餌すれば間違いなく親子と分かります。)

撮影直後に、左の幼鳥は飛んで逃げました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts