2016/11/12

ヒマラヤスギ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の群れ



2016年7月下旬・午後18:53〜19:07

▼前回の記事 
ムクドリ(野鳥)小群が前日の就塒前集合場所を経由して塒入り
高圧線の鉄塔B#29に就塒前集合していたムクドリSturnus cineraceus)の大群はヒマラヤスギの並木に塒入りしました。
針葉の茂った梢の枝にかなり密集して騒々しく鳴き交わしています。
群れ全体が塒内でしばらくは落ち着かず、枝から枝へ飛んで移動しています。
着陸直前にホバリング(停空飛翔)しています。
西の夕焼け空を背景にヒマラヤスギ樹冠を飛び回るムクドリのシルエットが美しいですね。

ヒマラヤスギの並木は大小合わせて計10本植栽されていました。
残念ながら勝手に立ち入れない敷地にあるため、暗くなってからの撮影や観察はできませんでした。

この日の公式な日の入り時刻は午後18:49。

前の晩は運動場(グラウンド)の反対側に位置するケヤキの並木にムクドリは塒入りしました。

▼関連記事 
ケヤキ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の大群
本に書いてあった通り、ムクドリは必ずしも毎晩同じ場所に集団就塒するのではないことが分かりました。
実はこの日の晩に、件のケヤキ並木を集団塒としたのは別の種類の野鳥でした。

つづく→ケヤキ並木に塒入りするスズメ(野鳥)の群れ






ムクドリ(野鳥)小群が前日の就塒前集合場所を経由して塒入り



2016年7月下旬・午後18:57〜18:58
▼前回の記事
日没と同時に就塒前群飛を始めるムクドリ(野鳥)の大群

日没直後に高圧線の鉄塔B#29から一斉に飛び立ったムクドリSturnus cineraceus)の大群の後を慌てて追いかけます。
ムクドリの群飛を見失ったのでまずは前日に就塒前集合した鉄塔A#30に戻ってみました。(鉄塔A#30、B#29は隣接して建てられ、地図上では340m離れています。)
前の晩には鉄塔A#30から真下のケヤキ並木に塒入りしたのです。

ハシボソガラスは居なくなっていたのに、ムクドリは小群しか鉄塔A#30に飛来しませんでした。
前日の記憶が強く残っている一部の群れだけが再集合しているのでしょうか?
それとも遅くまで採餌していた群れが就塒前集合に遅刻したのかも知れません。
鉄塔A#30に止まりかけたもののすぐに飛び立ち、ヒマラヤスギの方へ向かいました。
群れの本体が既にヒマラヤスギに集結しているようです。
リーダー不在の意思決定を目の当たりにして興味深く思いました。
鳴き声によるコミュニケーションがどのぐらい関与しているのでしょうか。


この日のムクドリの集団塒はケヤキではなく、ヒマラヤスギの並木でした。
ケヤキ並木に塒入りしなかった理由も後述します。

この記事のタイトルの付け方が難しい…。
どうもしっくりくるタイトルが思いつきません。
「前日の就塒前集合場所に少しこだわるムクドリ(野鳥)の群れ」

つづく→ヒマラヤスギ並木に塒入りするムクドリ(野鳥)の群れ


夜メマツヨイグサの花でホバリング吸蜜するスズメガの一種【暗視映像】



2016年7月下旬

住宅地の道端に咲いたメマツヨイグサの群落で夜、スズメガ科の一種が訪花していました。
暗闇でホバリング(停空飛翔)しながら吸蜜する様子を赤外線の暗視カメラで撮り始めたものの、すぐに逃げられてしまいました。
同定用の、写真も撮れていません。



Newton special issue『植物の世界―ナチュラルヒストリーへの招待〈第2号〉』p12によると、
淡い光でも目立ち、やわらかな香りを放つこの花(オオマツヨイグサ)には、スズメガの仲間がよく訪れる。花粉は粘着糸でつづられていて、ガに一部でもつくと、ぞろぞろと多量の花粉がからみついていく。



十亀好雄『ふしぎな花時計:身近な花で時間を知ろう』によれば、
マツヨイグサの仲間は、花粉がねばりけのある糸で数珠のようにつながっていて、夜、スズメガなどがやってくるとその体にまとわりついて、たくさんの花粉を一度に運ばせることができるしくみをもっています。(p113より引用)


▼関連記事
メマツヨイグサの花粉は糸を引いて粘る



翌日の晩にも現場を再訪しました。
記録映像として同じ群落のメマツヨイグサを白色LEDで照らしながら撮っていたら偶然、開花の瞬間に立ち会えました。
微速度撮影や早回し映像にしなくてもリアルタイムで蕾がポンと解けて直径5cmほどの黄色い花がみるみる内に広がります。
花の芳香が強く素晴らしいのは、夜行性のスズメガを誘引して花粉を運んでもらうためです。
昨年は切り花を室内に持ち込んで開花の瞬間を撮影しましたけど、野外で直に観察できたのは非常に幸運でした♪

▼関連記事
夜に開花するメマツヨイグサ




【追記】
加藤真『夜の送粉共生系』によると、
アカバナ科のマツヨイグサ類などはスズメガ媒花として適応放散した一群である。日本のスズメガ媒花はひじょうに少ない。(中略)日本産スズメガの種数はけっして少なくはないが、琉球列島を除けばその多くはマルハナバチ媒花の盗蜜者の地位にあると思われる。 (『花の自然史:美しさの進化学』p82より引用)


2016/11/11

日没と同時に就塒前群飛を始めるムクドリ(野鳥)の大群



2016年7月下旬・午後18:49〜18:51

▼前回の記事
高圧線鉄塔Bに就塒前集合するムクドリ(野鳥)大群の羽ばたき【ハイスピード動画】


郊外に立つ高圧線の鉄塔B#29にムクドリSturnus cineraceus)の大群が就塒前集合しています。
新たな大群が鉄塔に飛来し、着陸しようと試みますが既にもう満員なので、群れ全体が飛び立ちました。

ムクドリの有名な就塒前群飛(murmuration)が遂に始まりました。
誰かヒトが驚かせた訳ではなく自発的に始まりました。
この日の公式な日の入り時刻(午後18:49)と正確に一致していたのが興味深いです。

『カラー版自然と科学50:ムクドリ』p34によると、
ほとんどの群れは、日のしずむまえにねぐらにつきます。しかし、つくとすぐにねる場所のしげみのなかにはいるのではなく、しばらくあたりの樹上や電線でやすんでいたり、上空をとびまわったりします。日がおちて最後にひとしきりとびまわると、そのあとにねぐらのしげみにはいるのです。しげみにはいるまえにとぶ行動は、ねぐら前群飛とよばれています。


ムクドリの大群は上空を旋回してから鉄塔#29に戻りました。
ところがすぐにまた大音量で鳴き交わしながら一斉に飛び立ちました。
壮観です。
集団塒の方へ飛び去り上空を乱舞しているのですが、住宅地なので見通しが悪く、行き先は見届けられませんでした。
高圧線の鉄塔B#29には1羽のムクドリも残っていません。

つづく→ムクドリ(野鳥)小群が前日の就塒前集合場所を経由して塒入り


蟻道を往来し幼虫や蛹を運ぶトビイロケアリ♀



2016年7月下旬

峠道の法面を補強する土留のコンクリート壁面に蟻道を見つけました。(標高〜645m地点)
道端の側溝から上に真っ直ぐ伸び、壁面の排水口(直径7cm)に続いています。
蟻道の幅は15mm、側溝からの高さを測ると54cmでした(穴の下縁まで)。
映像では15cm定規を蟻道に並べてみせました。
素人目には、土に細かい木屑を混ぜたような巣材でした。

途中一箇所だけ蟻道が未完なため、通路が丸見えになっています。
小さくて腹端が尖ったアリが蟻道を行き来しています。
排水口の奥に巣があるのでしょうか?
大雨が降ったら排水口内の巣は水没の危険に晒されそうで心配です。

ワーカー♀がときどき卵や幼虫、蛹など白い物を咥えて運搬していました。
蟻道の上下両方向に運んでいたので、どちらがメインの巣なのか不明です。
発達段階に応じて育児部屋を引っ越すのでしょうか。
もしかして、奴隷狩りをしている可能性もありますかね?

マクロレンズで接写していたら、画面内に突然フキバッタの仲間(種名不詳)が下から登ってきたので驚きました。(@3:11)
蟻道や巣穴(排水口)の真上をよじ登ったのに、アリはフキバッタを攻撃しませんでした。

蟻道を作るアリということで、トビイロケアリLasius japonicus)で良いのかな?
アリを採集、採寸していないので、トビイロケアリで大丈夫かどうか自信がありません。
蟻道を壊してみてアリが修復する様子を微速度撮影で記録するのも面白そうです。


【追記】
「ありんこ掲示板」にて質問したところ、シン・ハン@管理人さんより以下の回答を頂きました。
 ケアリですね。 ケアリはとんでもなく複雑(体毛の数とか、触覚の節の数とかで同定)なのですが、トビイロケアリで良いと思います。 奴隷狩りは行いません。おそらく、上も下も巣なんでしょう。巣の中を移動してるだけだと思ってください。
巣の通路と考えた方が近いと思います。
本宅は地面で、石垣の排水口の中が増築分、もしくは逆って感じで、動画の蟻道は安全に本宅と増築を行き来するための通路と 



15cm定規を並べる

2016/11/10

高圧線鉄塔Bに就塒前集合するムクドリ(野鳥)大群の羽ばたき【ハイスピード動画】



2016年7月下旬・午後18:34〜18:48
▼前回の記事
ムクドリ(野鳥)が就塒前集合する高圧線鉄塔を前日から変更

郊外に立つ高圧線の鉄塔B#29にムクドリSturnus cineraceus)の大群が続々と集結しています。
飛来したムクドリが鉄骨に着陸する前にホバリング(停空飛翔)する様子を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
持参した一脚が大活躍しました。
基本的に少しずつ鉄塔に近づきながら撮影した映像をつないだものです。
例外として、派手なシーンを動画の掴みとして冒頭(0:00〜3:25)に持ってきました。

ちなみに、この日の公式な日の入り時刻は午後18:49。
この鉄骨が集団塒なのではなく、一時的な待ち合わせ場所(就塒前集合)であることが後に判明します。

つづく→日没と同時に就塒前群飛を始めるムクドリ(野鳥)の大群





紅花で採餌するヒメハナバチの一種♀



2016年7月下旬

山麓のベニバナ畑の奥でヒメハナバチの一種♀と思われる蜂が訪花していました。
後脚の花粉籠に橙色の花粉団子を付けています。






2016/11/09

ムクドリ(野鳥)が就塒前集合する高圧線鉄塔を前日から変更



2016年7月下旬・午後18:30〜18:47

▼前回の記事
就塒前集合場所に向かって飛んで行くムクドリ(野鳥)の群れ

ムクドリSturnus cineraceus)が前日に就塒前集合した鉄塔A#30に行ってみたのですが、ハシボソガラスが数羽止まっている居るだけでした。

▼関連記事
ハシボソガラス(野鳥)高圧線鉄塔での決闘

その代わりに高圧線を辿って一本離れた隣の鉄塔B#29にムクドリが続々と集結していました。
怖いカラスをムクドリが忌避し、就塒前集合場所を臨機応変に変更したのかもしれません。
もしムクドリが大群で押し寄せればカラスも退散したはずですが、就塒前集合は少しずつ集まるのです。

私も鉄塔B#29に少しずつ近づきながら撮影します。
送電線の鉄塔はかなり目立つ構造物なので、集合場所として適しているのは明らかです。
鉄塔の上部に数百羽のムクドリが鈴なりに群がり、リャーリャー♪と騒々しく鳴き騒いでいました。
かなり狭い間隔で鉄骨に並んでいます。
鉄骨に着陸する寸前に停空飛翔(ホバリング)しています。
ムクドリの大群がとにかく興奮しており、辺りは騒然としています。

ちなみに、この日の公式な日の入り時刻は午後18:49。

つづく→高圧線鉄塔Bに就塒前集合するムクドリ(野鳥)大群の羽ばたき【ハイスピード動画】



トチノキの種子に残るアカネズミ?の食痕

大きさの比較のため、一円玉を並べてみる。

2016年7月下旬

低山の峠道にトチノキの種が落ちていました。
その種子に大きな丸い穴が一つ開いていました。
これはアカネズミApodemus speciosus)が食べかけた食痕でしょうか。
普通は穴が2つ残るはずですが、この種に穴は一つだけです。
なぜか途中で採食を止めたのですかね?

それともアカネズミとは別な種類の齧歯類による食痕なのかな?

『哺乳類のフィールドサイン観察ガイド』p132より

アカネズミの代表的なフィールドサインといえば、オニグルミの「2つ穴食痕」だ。両側の合わせ目上に2つの穴を空け、穴から中身をかき出して食べる。内部にはかき出した際についた門歯(切歯)のひっかき傷が残る。固い殻のある食べ物は共通してこの食べ方をするらしく、オニグルミだけではなく、サワグルミやウメの種子も同じような2つ穴食痕になる。

インターネットで検索してみると、「吉野・大峰フィールドノート」というサイトで次の記事を見つけました。

●アカネズミとトチノキとの関係について
豊凶の差が少なく、毎年確実に大きな実をつけてくれるトチノキの堅果が、アカネズミの社会を維持していくには、とても重要となってくる。
 トチノキの種子には、非常に毒性の強いサポニンが含まれていて、人がこれを食用にする際にもたいへんな手間と時間がかかる。したがって、アカネズミにとっては、まさに命がけの知恵比べがここでも繰り広げられているはずだ。


その場で見上げるとトチノキが枝葉を茂らせていました。
枝に実がなっていたかどうか、現場で確認するのを忘れました。
写真を見ても見当たりません…。

※ この記事は動画ネタではなく写真のみです。



2016/11/08

カワミドリの花蜜を吸うスジグロシロチョウの一種



2016年7月下旬

峠道の横の斜面の草むらに咲いたカワミドリの群落でスジグロシロチョウPieris melete)またはエゾスジグロシロチョウPieris napi)が訪花していました。
翅をしっかり閉じたまま吸蜜しています。



2016/11/07

就塒前集合場所に向かって飛んで行くムクドリ(野鳥)の群れ



2016年7月下旬・午後18:20〜18:24

日を改めて、ムクドリSturnus cineraceus)の集団塒を突き止めに来ました。
住宅地の外灯がもう点いている時間帯です。

夕方になると街のあちこちから大小様々の群れが鳴きながら大体同じ方角に飛んで行きます。
住宅地の上空を鳴きながら就塒前群飛し、旋回することもありました。
群飛と言っても未だ小規模です。
飛んで行ったムクドリを追いかけてみると…。

つづく→ムクドリ(野鳥)が就塒前集合する高圧線鉄塔を前日から変更


ネムノキの花で獲物を探すセグロアシナガバチ♀



2016年7月下旬・夕方

堤防に生えたネムノキセグロアシナガバチPolistes jokahamae)のワーカー♀が飛び回っています。
花に止まってもすぐに離れて葉を歩き回ったりしているので、吸蜜が目当てではなく獲物を探索しているようです。
いまいち映像が不鮮明でキアシナガバチと紛らわしいですけど、前伸腹節が無紋なのでセグロアシナガバチで間違いありません。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。


2016/11/06

アオサギ(野鳥)のコロニー?



2016年7月下旬・午後17:00頃

立ち枯れしたハンノキや高圧線の鉄塔にアオサギArdea cinerea)が何羽も群れていました。
個体間の距離は結構離れていて、各自がのんびりと休んだり羽繕いしたりしています。
足元が覚束なくいかにも幼鳥のような個体もいました。
どうやらアオサギのコロニー(集団繁殖地、鷺山)を見つけたようです。
このまま夜を過ごすとしたら、集団塒ですね。
もしかすると近くに巣があり、幼鳥が巣立った後の家族群なのかな?
少なくともハンノキの枯木に巣は見当たりませんでした。

葉の茂ったハンノキではなく、あえて枯木(と鉄塔)に集まっていたのが不思議に思いました。
天敵に襲われないよう、見通しの良い止まり木を好むのでしょうか?
逆に、サギ類の糞害のせいでハンノキが次々に枯れていくのかもしれない、と思いつきました。
鷺山の木が集団枯れ死して丸裸になってしまう、という話はよく聞きます。

最近ブログで高圧線の鉄塔がよく登場しますけど、いずれも場所が違います。
田舎ではあちこちに建っていて目立つので、野鳥との関わりが深いことに最近気づいてから注意して見て回るようになりました。
今回の鉄塔は、ヨシ原や河畔林のハンノキが生えているような湿地帯に建っている物件です。
ヒトがあまり近づかないため、野鳥のちょっとしたサンクチュアリになっています。

※ 動画編集時に自動色調補正を施しています。






ハシボソガラス(野鳥)高圧線鉄塔での決闘



2016年7月下旬・午後18:26

街中に聳え立つ高圧線鉄塔A#30のてっぺんから2羽のハシボソガラスCorvus corone)がもつれあうように落ちてきました。
喧嘩の原因は不明です。
シリアスな喧嘩とは限らず、遊びでふざけているのですかね?
鉄塔に残ったもう一羽が鳴いています。
しばらくすると喧嘩に勝った(?)個体が鉄塔に戻りました。

映像の後半は、激しい喧嘩シーンを1/4倍速のスローモーションでリプレイ。
この鉄塔は、定点観察していたカラスの営巣地ではありません。



ニホンハッカを訪花するキタキチョウの羽ばたき【HD動画&ハイスピード動画】



2016年7月下旬

峠道の脇に生えたニホンハッカの群落でキタキチョウEurema mandarina)が訪花していました。
翅を閉じて吸蜜しています。
陽射しが強いせいで翅裏の斑点模様が白飛びしてしまってあまりよく見えません。
花から花へ飛び立つ瞬間を狙って240-fpsのハイスピード動画でも撮ってみました。(@1:37〜)
スローモーションにすると翅表の模様がようやく見れるようになりました。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts