2014/09/06

マイマイガ(蛾)前蛹♀bが脱皮して蛹になるまで【早回し映像】



2014年7月上旬

今季の山林で大発生したマイマイガLymantria dispar japonica)終齢幼虫を5日前に3匹採集してきました。
忙しくて容器内に毛虫を放置していたら、3匹のうち1匹(終齢幼虫b)がいつのまにか繭を作り終えていました。
木の葉を絹糸で綴り合わせた隠れ家の中で絹糸を粗く紡いだだけの粗末な繭を作ったようです。
営繭を観察し損ねたのは残念ですけど、転んでもただでは起きません。
次は前蛹の状態から脱皮して蛹化する過程を微速度撮影することにしました。
10秒間隔のインターバル撮影で監視します。



眠(みん)の状態で静止していた前蛹が蠕動する間隔が次第に短くなってきました。
早回し映像では痙攣しているように見えます。
前蛹は頭を左に向けていたようです。
深夜23:20頃、遂に毛虫の皮を脱ぎ捨てると蛹になりました。
蛹が繭の外に飛び出したのが飼育下での事故なのか、それとも正常な行動なのか、一例しか見ていないので判断がつきません。
もし正常な行動なら、繭というよりも単に脱皮のために前蛹を固定する足場糸なのかもしれません。※
剥き出し状態の蛹はその後もしばらくのあいだ激しく蠕動運動しています。
茶色だった蛹は次第に色素沈着して濃い焦げ茶色になり、早朝には黒い蛹が転がっていました。

微速度撮影の早回し映像というのは見て心地よいスピードが人それぞれ好みが違うようです。
更に2倍スピードアップした動画をブログ限定で公開↓しますので、宜しければご覧ください。



後日、蛹から無事にマイマイガの成虫♀が羽化してきました。(映像公開予定)
つづく


※ 【追記】
(マイマイガ幼虫は)成熟すると木の葉などを身の周りに糸で引き寄せ、繭らしきものを構成し蛹化する。個体や生育環境によっては丸裸のまま蛹化する場合もある。wikipediaより)

飛べ!モノサシトンボ【ハイスピード動画】




2014年7月上旬

平地にある溜池の横にちょっとした林があり、薄暗い林縁の下草(笹薮)にトンボが止まっていました。
未成熟なモノサシトンボCopera annulata)だと思うのですがどうでしょうか?
性別は?

飛び立ちの瞬間を240-fpsのハイスピード動画で撮ってみました。
余りにも薄暗いので、カメラの設定でゲインを上げてから撮影開始。
光量不足で画質が粗く、薄い翅の羽ばたきがあまりよく写っていませんね…。



2014/09/05

花で休むシロスジヒゲナガハナバチ♂が覚醒後に吸蜜



2014年6月下旬

用水路沿いの草地に咲いたクサフジの小群落でシロスジヒゲナガハナバチ♂(Eucera spurcatipes)が花に止まって休んでいました。
休息時に大顎で花を噛んで体を支えているかどうか知りたかったのですけど、回り込めませんでした。
呼吸による腹部の伸縮で生きていると判ります。

同じ花にオオチャバネセセリPolytremis pellucida)が飛来し、吸蜜を開始。
花序の下から上に登って来た蝶が蜂に触れ、驚いた蝶が飛び退きました。
この刺激で目覚めた雄蜂が、花序を少し歩いて吸蜜を開始。
頭楯が白いのは本種の雄蜂の特徴です。
目覚めの一杯を飲み終えると念入りにお化粧。
羽ばたいたものの、少し飛んだだけで力なく落下。


翅脈を強調してみると、前翅肘室の数が2個。

撮影後、同定のため採集しました。
以下は標本写真。


♂は長い触角を持つ
前翅翅脈の肘室が2個
頭楯と上唇は黄白色
集粉しない♂は後脚に花粉籠を持たない。

孵化したヤマトゴキブリの一齢幼虫



2014年6月下旬

▼前回の記事
ヤマトゴキブリ♀が羽化殻を完食するまで【10倍速映像】

産卵から35日後、ヤマトゴキブリPeriplaneta japonica)の卵鞘から一齢幼虫が孵化していました。
既に体色は黒化しており、容器内に入れたラベルの付箋紙に止まって大体じっとしています。
幼虫同士が出会うと互いに触角で探り合っています。
卵鞘は幾つもまとめて密閉容器に隔離していたので、残念ながらどの卵鞘から孵化したのか不明です。

残念ながらゴキブリの飼育はここで打ち切り、幼虫および残りの卵鞘を処分しました。
孵化してくる様子を微速度撮影したり幼虫の集合フェロモンの実験などをやってみたかったのですけど、逃げ出さない工夫をしている(バタートラップ)といくら力説しても周りの理解が得られなくなりました。

標本写真



2014/09/04

柳に穿孔する昆虫が木屑を外に排出する瞬間



2014年6月下旬
▼前回の記事
柳の幹を傷つけるコクワガタ♂の謎
平地の水辺に生えた柳(種名不詳)の幹の根元付近に穴があいていて、中から夥しい量の木屑が排出されていました。
カミキリムシなどの穿孔性昆虫の幼虫が樹幹に潜んでいると睨んで、10倍速の微速度撮影で穴を長時間監視してみました。
すると予想通り、木屑が中からグイグイ押し出されて動く瞬間が記録されていました。
夕暮れの木漏れ日が射してチラチラと見難いのですけど、@0:23〜0:26にご注目下さい。
誰かが人為的にドリルで開けた穴ではないこともこれで判明しました。
後半はリアルタイムの映像です。
再び木屑が排出される瞬間が撮れました。(@1:36〜1:41)

カミキリムシの成虫が穴から羽化してくるのかな?と内心期待したのですけど、そうではなさそうです。
穿孔性昆虫の正体は何なのか、穴の中で何が行われているのか、直に観察してみたいものです。
うーむ、「X線の眼を持つ男」になりたい…。

木屑には小さなハエやアリが群がり舐めていました。
発酵した樹液に特有の香りは未だ嗅ぎ取れませんでしたが、木屑に甘い樹液が少し滲んでいるのかもしれません。

【追記1】
木屑と糞の混合物をフラスと呼ぶのだそうです。

frass: 昆虫の幼虫の糞,昆虫が木材に穴をあけたときの木の粉

【追記2】
『樹液に集まる昆虫ハンドブック』p3に掲載された「木の内部にいるシロスジカミキリの幼虫が出す木くず」の写真が似ている気がしましたけど、樹種が明記されていません。
カミキリムシの幼虫は木の材部を食べて育つ過程で師管を傷つけ、また樹皮にもしばしば穴を開けて、糞や木くずを外に押し出す。


【追記3】
『樹液をめぐる昆虫たち (わたしの昆虫記)』p30に掲載された断面図が今回の状況にそっくりでした。
木の中に潜むシロスジカミキリの幼虫が排出した木屑の穴から樹液が出るのだそうです。




木屑も積もれば山となる。

オビガ(蛾)終齢幼虫の営繭失敗【微速度撮影】



2014年6月下旬

飼育中のオビガApha aequalis幼虫aの食欲が無くなり、動きを止めました。(眠の状態)
やがて繭を紡ぐ場所を探し求めて激しく徘徊を始めたので、紙箱(ティッシュペーパーの空き箱)に閉じ込めました。
プラスチック容器で飼うと絹糸が基質に付着しにくく、繭が作れないのです。
しばらくすると案の定、紙箱の天井隅で足場糸を張り始めました。

10秒間隔のインターバル撮影で記録しながら出かけると、私が不在の間に足場糸が支え切れず営繭の途中で幼虫が落下してしまいました。
そのまま幼虫aは脱走し行方不明になりました。

部屋のどこかで繭を作り直していれば良いのですけど、羽化した成虫の姿は見ていません。
紙箱を開けて撮り始めるタイミングがすこし早過ぎたかもしれません。
紙箱を開ける前に上下を逆にして、毛虫が落ちない工夫をすべきでした。(幼虫は嫌がるかな?)

もう一つの課題として、紙箱の灰色を背景にすると白い絹糸が見え難いですね。
予め箱の中を黒くする工夫をすれば良いかもしれません。

この時期は山林でオビガ幼虫をよく見かけるので、もう1匹採集してきて飼育に再挑戦してみます。
つづく



2014/09/03

モナルダの花蜜を吸うクロマルハナバチ♀



2014年6月下旬

民家の畑の花壇に見慣れないピンクの花が咲いていました。
園芸種にはまるで疎く、うろ覚えのセイヨウフウチョウソウ(クレオメ)にしては葉の形が全く違います。
植物の画像掲示板にてモナルダ(=ヤグルマハッカ、ベルガモット)と教えてもらいました。



クロマルハナバチBombus ignitus)のワーカー♀が飛び回り、細長い花の一つ一つに律儀に口吻を差し込んで吸蜜していました。(正当訪花)
後脚の花粉籠は空荷でした。
2匹以上の複数個体を撮影。


同じ場所で7月中旬に開花した状態の写真も撮りました。



コンポスト内に出没するネズミの仲間【名前を教えて】



2014年6月中旬〜下旬

庭に置いた生ごみ堆肥化容器(コンポスター)内にネズミ(種名不詳)がトンネルを掘って侵入していました。
蓋を開けた瞬間に巣穴から顔を出している姿をようやく動画に撮れました。
警戒心が強く、奥にすぐ引っ込んでしまいます。

ネズミーランドと化した容器内は暗く、普通のカメラではどうしても映像の画質が粗くなってしまいます。
暗視可能な赤外線カメラを買って容器内の様子をじっくり監視してみたいところです。
ネズミは何匹来ているのか、生ゴミや残飯を食べているのか、それとも虫やミミズを食べているのか、動画に記録できたら面白そうです。
トンネルの構造はどうなっているのでしょう?

6日後、久しぶりに姿をちらっと見れました。
今回も蓋を開けた途端、光に驚いてすぐに巣穴に逃げ込んでしまいます。
見えたのは尻尾のみで、肝心の頭部は生ごみに隠れて見えません。
その後、残念ながらネズミは居なくなってしまいました。

近所で始まった建築現場の基礎工事で激しい振動や騒音が連日続いたせいと思われます。


映像からネズミの種類を見分けられる方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい。
ノネズミ(アカネズミやヒメネズミなど)なのかイエネズミ(ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズ)なのか?
しっかり同定するにはネズミ捕りの罠を仕掛ける必要がありそうです。





2014/09/02

柳の幹を傷つけるコクワガタ♂の謎



2014年6月下旬

平地(標高260m地点)の水辺に生えた柳の木(種名不詳)で不思議な光景を眼にしました。
コクワガタ♂(Dorcus rectus)と思われる結構立派なクワガタムシが柳の幹を歩いて下って来ました。
根元に近い幹の内部から大量の木屑が排出されている穴の所でグルリと一周しました。
なんと驚いたことに、コクワガタ♂はその木屑を大顎で挟んで毟り取り始めました。
木の根元を見ると、穴から排出された木屑が驚くほど大量に溜まっていました。
この穴は一体何なのでしょう?

  1. 誰かが人為的にドリルで開けたのでしょうか? このコクワガタ♂が単独で穿孔したとはとても思えません。この大顎の大きさや形状ではいまいち不器用そうです。
  2. コクワガタ♀成虫が穴から羽化脱出してくるのを♂が外から手助けし、待ち構えて交尾するのかと一瞬だけ思いました。しかしコクワガタの幼虫は朽木を食べて育つので、柳の生木から出てくる筈がありませんね。
  3. これからカミキリムシの成虫が穴から羽化脱出してくるのかな?
  4. 樹液の分泌を促すために樹皮に傷を付けているのでしょうか?
  5. この木屑は樹液が沁みて舐めると甘いのかもしれません。(私も味見すれば良かったですね…)
実はこの木は昨年夏に樹液を盛んに分泌していました。
▼関連記事 
柳の樹液に来たシロテンハナムグリとコムラサキ♂【微速度撮影】
今回の調べ物で初めて知ったのですが、ヒメオオクワガタDorcus montivagus)には柳の樹皮を齧る習性があるそうです。

冷涼な気候を好み、山地のヤナギ類などに集まる。本種には、木からしみ出る樹液を利用するというより、みずから樹皮をかじって傷つけ、積極的に樹液を出すという特徴的な行動が、特に♀においてよく見られる。(『樹液に集まる昆虫ハンドブック』p42より)


小島渉『わたしのカブトムシ研究』p24によると、
ヤナギの仲間は樹皮が薄いため、カブトムシ自身が傷つけて樹液を出すことが多いようだ。


謎の穴や木屑に気を取られている間にクワガタムシ♂の姿を根際で見失ってしまいました。
捕獲してしっかり同定したかったのに、痛恨のミス…。
体長の採寸も出来ませんでした。
いくら北国とは言えヒメオオクワガタの生息地にしては標高が低い※ですし、これはコクワガタ♂ですよね?(もし間違っていたらご指摘願います。)

※ 現場はブナ林帯どころかミズナラ林帯よりも標高の低い湿地帯です。

それから、この柳の樹種をどなたか教えて下さい。(映像の1:40辺りで枝葉を写しています。)

つづく



カシワマイマイ(蛾)幼虫の木登り



2014年6月下旬

里山の雑木林で伐採した枝を積んである土場をカシワマイマイLymantria mathura aurora)の幼虫が徘徊していました。
動かなければ完璧な保護色で見つけられなかったことでしょう。
やがてスギの木を登り始めました。
スギは本種の食餌植物ではないので、終齢幼虫が蛹化する場所を探し歩いているのでしょうか。
未採寸、未採集。



2014/09/01

ヒメヤママユ(蛾)幼虫の死骸を食すハネカクシ【名前を教えて】



2014年6月下旬

里山の山道にてイタヤカエデ灌木の葉裏でヒメヤママユSaturnia jonasii jonasii)の幼虫が死んでいました。
梅雨時に死んだ毛虫は大部分が腐って黒変しています。
破れた皮の一部だけで枝に引っかっています。
モズの速贄(はやにえ)として串刺しにされたのかと一瞬思いましたが、こんな山中でモズを見かけたことはありません。

なんとなく素人目には虫カビに感染した死骸あるいは寄生ハエ幼虫の脱出した死骸のような気がします。

よく見るとその死骸にハネカクシの一種が取り付いて、死んだ毛虫を食べたり身繕いしたりしています。
ハネカクシにはまるで疎いので、もし名前が分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
接写しようと近づいたらうっかり枝に触れてしまい、飛んで逃げられてしまいました。

ヒメヤママユ幼虫の食餌植物リストにはカエデ科が含まれています。
イタヤカエデの葉が丸坊主になっているのは、ヒメヤママユ幼虫が食べ尽くしたのでしょうか。
だとすれば食物連鎖の縮図がここにあります。



ヒメスズメバチ♀の探索飛翔



2014年6月下旬

水辺に生えた柳(種名不詳)の枝からヒメスズメバチVespa ducalis pulchra)のワーカー♀が飛び立ちました。
獲物となるアシナガバチの巣を探しているのかな?
昨年この柳の木は樹液を分泌していたので、もしかすると栄養補給の樹液ポイントを探しているのかもしれません。


2014/08/31

オビガ(蛾)終齢幼虫の規則正しい排便



2014年6月下旬・室温25〜26℃

タニウツギの葉から採集してきたオビガApha aequalis)の幼虫aを飼い始めました。
毛虫の体長は約60mmで、終齢幼虫と思われます。
ひたすら食草を食べまくり、時計のように規則正しく脱糞します。(快食快便♪)
糞がポトリ♪と落ちる音を頼りに時刻を記録していくと、排泄の間隔(〜19分)が掴めてきますので、次回を予測して待ち構え動画に撮るのは難しくありません。

いきむ際は尾脚?(正式名称は不明)も伸縮させています。
排便の度に必ず腹端を持ち上げるのは、(1)自らの体を糞で汚さないため、(2)食草に残した糞の匂いで寄生蜂などの天敵を誘引しないよう糞を確実に落とすための行動なのでしょう。

※ 引きの絵で撮った冒頭の二発だけは、実際の撮影日は接写した翌日です。
状況説明のため編集で時系列を入れ替えました。



路上で採食するスズメ(野鳥)



2014年6月下旬

スズメPasser montanus)が平地の路上(橋の袂)に落ちた草の種子を啄んでいます。
つづいて草刈り直後の道端の草むらに入ると、何か虫を捕食したようです。
橋のコンクリートに飛び乗ってから飛び去りました。

※ 映像に自動色調補正を施してあります。



ランダムに記事を読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Smarter Related Posts